2009年6月10日 18:21 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

映画「レスラー」の試写イベントに参加

20090610-00000012-maiall-ent-view-000.jpg 加護亜依:出生時「1回死んだ」と告白 ムーディ「結婚めど立たず」 がけっぷちトーク
http://mainichi.jp/enta/geinou/graph/200906/10_2/


 タレントの加護亜依さん(21)が10日、映画「レスラー」(ダーレン・アロノフスキー監督)の試写イベントに、お笑い芸人のムーディ勝山さん(28)と出席し、「がけっぷちな経験」をテーマにトークショーを行った。加護さんは「生まれたときに心臓に穴が開いていて、16分間心臓が停止していた。1回死んだんです。ピーって」と驚きの告白をした。
 「レスラー」は、過去に栄光を極めたが、金も名声も家族さえも失い、「もう一度リングに上がれば命の保証はない」と医者に宣告された中年レスラー、ランディ(ミッキー・ロークさん)が、一度は決意した引退を翻し、全盛期の宿敵との再試合に臨むストーリー。アロノフスキー監督は、ニコラス・ケイジさんを求めるスタジオの意向を押し切って、ロークさんを主演に起用、ロック歌手のブルース・スプリングスティーンが主題歌を書き下ろした。ベネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得、ゴールデン・グローブ賞主演男優賞と主題歌賞も受賞した。
 加護さんは、主人公が仲間や後輩の活躍を目の当たりにするシーンについて聞かれ、「(主人公の気持ちが)めちゃくちゃ分かります! 謹慎中に前にいたグループのコンサートを見に行って、本当は自分がいるはずで、本当は自分が歌っているはずなんですけど、私は客席で見ていて、不思議な感じだった」と話した。
 ムーディさんは、ムード歌謡ネタで07年は睡眠時間が平均2~3時間になるほど仕事があったというが、現在は「右肩下がりといわれますが、それでも仕事は減るもので、最近では両肩脱きゅうと言われております。(元猿岩石の)有吉さんには(浮上には)あと7年かかると言われた」と話した。「同せいしている彼女は『頑張ってくれ』と言っている。芸人を始める前からお付き合いさせていただいてるんで、彼女は焦ってない。あとは(結婚は)もうタイミングだけ。1年ぐらい前には考えたが、めどが立たなくなったんで」と悲哀をにじませた。映画は13日からシネマライズなどで全国ロードショー。


加護ちゃんは、今日も映画の試写会イベントに参加していますね。今度の映画は「レスラー」という映画です。
プロレスラーのお話なんですけど、この映画のお話に謹慎中にモー娘。のコンサートを見に行った時に感じた感情が主人公の気持ちと重なったみたいですね。
一度、アップフロントで復帰することが俄かに報道され始めたころにコンサート会場に加護ちゃんがいたと報じられたことを思い出しました。そのときには加護ちゃんは複雑な気持ちで見ていたんですね。
でも、今はまた新たな活動をして、色んなことがありましたけど、それでも、加護ちゃんはがんばっていますよね。加護ちゃんにとってはこの世界が一番、好きだし、合ってるんでしょうね。
加護ちゃん、復帰したときの初心を忘れることなく、真摯に楽しくお仕事をしていれば、大丈夫だと思いますよ。(^^ 

っていうか、お笑い芸人さんは、最近のブームはサイクルが早いので、わけ分からん状態っすよ。芸人さんは大変ですな~・・・・。(・・;


アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!



この記事をmixiチェックするには下のボタンをクリックしてください。
Check

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ai-wish.net/blogsystem/mt-tb.cgi/600

コメントする

誹謗中傷やその他不適切と判断したコメントについては削除することがありますのでご了承ください。


画像の中に見える文字を入力してください。