教職員の不祥事

塩釜市立第三小学校の女性教師は誰?生徒にノコギリ見せ「足切るぞ」

宮城県塩釜市立第三小学校の女性教師が
児童に不適切指導していたことがわかりました。
 
 
理科の授業中に席を立つなどしていた
3人の児童に
ノコギリを見せながら
「足を切ってやるから」などと
発言していた
 
 
ニュースの動画はこちら
 
ノコギリ持って「足切ってやるから」…塩釜市の小学校女性教師 
出典:Yahoo!ニュース
 
 

塩釜市は正式には
「塩竈市」と表記しますが
「竈」が常用漢字ではないために
ニュースなどでは「塩釜市」
と表記されています。
 
塩釜市立第三小学校も
正式表記は
「塩竈市立第三小学校」となります。
 
 
 
教職員(公務員)の不祥事の事件が後を絶たない
最近、本当に多いです。
 
 
教職員や警察官など公務員職の場合は
一般の会社員とは違い、

不祥事の事件を起こしたときには、
一般の事件に比べて
メディアが取り上げる確率が
圧倒的に高いということもあります。
 
 
ネットのニュースをチェックしていると
毎日何らかの教職員や警察官などの
公務員職の不祥事の事件が報じられています。
 
 
またかというような感じで
慣れてはいけないのですが
ほんとに多いです。
 
 
情報番組で大きく取り上げられるような
世間をざわつかせる大きな事件から
小さな窃盗などの事件までたくさんある。
 
 
公務員という職業は
子供の教育をしなければいけない
立場にあったり(教職員)
 
一般住民を守ったりする職種(警察官)も多く
世間からのバッシングなどの
風当りは自然と強くなります。
 
 
 
教師を信頼できない人は?
 
ネット上では

  • 「教職という自覚がないのか」
  • 「本能のままに行動してはいけないでしょう」

と不信感をあらわにする声も多い。
 
しらべぇ編集部が
全国10〜60代の男女17732名に
教師をどう思うか調査したところ、
4割以上が「信頼できない」と回答している。
 

 
出典:ニュースサイトしらべぇ
 
43.2%という数字は異常といってもいいです。
 
 
全国で多発する教職員の不祥事で
傷ついている児童・生徒たちがたくさんいる。
 
学校側が緊急に臨床心理士を入れて対応しても
その傷が一生癒えないことがある現実を
教職員の一人ひとりが重く受け止める必要があります。
 
 
子どもの心のケアにすぐに対応しない学校もあります。
動くのが世間の批判が出てからでは遅い。
 
 
 

スポンサーリンク

 
 

生徒にのこぎり見せ「脚切るぞ」
塩釜市立第三小学校の女性教師は誰?

 
今回は事件としては扱われていないので
ニュース等で実名報道や顔写真の公開などが
行われているわけではありません
 
 
また今後も、この女性担任教諭の
名前や顔画像が公になることは
基本的にないと思います。
 
 
宮崎市教育委員会は不適切指導の
女性教諭の懲戒免職も
検討しているようです。
 
そうなると新しい情報が入る可能性はあります。
 
 
 

スポンサーリンク

塩釜市立第三小学校の女性教師
生徒にのこぎり見せ「脚切るぞ」

 
 

ノコギリ持って「足切ってやるから」…
塩釜市の小学校女性教師 
注意しても反省している様子がなく〈宮城〉

 
 
宮城県塩釜市の小学校の女性教師が
児童の授業態度を注意する際に、
ノコギリを見せながら
「足を切ってやるから」などと
発言していたことが分かりました。
 
 
宮城県塩釜市の教育委員会は
「不適切な指導であった」とした上で
指導の在り方を見直すよう
各学校に呼びかけました。
 
 

塩釜市立第三小学校の女性教師
生徒にのこぎり見せ「脚切るぞ」
 
 
 

スポンサーリンク

宮城県塩釜市教育委員会の発表

 
塩釜市教育委員会によりますと
2020年1月16日に、宮城県塩釜市立第三小学校で、

4年生の学級担任の女性教師が
理科の授業中席を立つなどしていた
児童3人に対して、
ノコギリを持ちながら
「足を切ってやるから」などと
発言していたということ。
 
 
女性教師は3人を注意しても
反省している様子がなかったために
図工室からノコギリを持ってきたと話している
 
 
塩釜市教育委員会は、1月3日午前
開催された校長会の中で、

今回の問題を説明した上で
子供たちへの指導の在り方を見直すよう
各学校に呼びかけました
 
 
仙台放送の取材に対して
高橋教育長は「不適切な指導」で
あったことを認めた上で
「再発防止に向けしっかりと対策をして
各学校にも指導していきたい」とコメントしている
 
 
 
塩釜(塩竈)市立第三小学校
 

 
所在地: 〒985-0023 宮城県塩竈市花立町15−1
 
 
 

スポンサーリンク

塩釜市立第三小学校の女性教師
生徒にのこぎり見せ「脚切るぞ」
ネットでの意見・反響は?

 

理科の授業中、、、。
危ない実験で子供達が騒いだら、
どんな注意をしたらいいのでしょう?
不適切ではあるけれど、叱っても無理なら難しい、、、。

出典:Yahoo!ニュース

 

言葉が理解できないのは人間以外の動物と一緒。
それを理解させるのが教育者と綺麗事言われてもね。
犬や猿が悪さしたらどうやって教えますか?

ある程度成長した後の躾って難しいですよね。
そうならないように、
幼少期の家庭での躾がとても大切ですね。

出典:Yahoo!ニュース

 
この行為は指導として許されるべきではないが、
教師の注意の仕方が通常から問題があったのか、
児童にも問題があったのか、、どうなんだろう。

出典:Yahoo!ニュース
 
息子のクラスにも、立ち歩く、授業中にノートも出さない、
テストも白紙、友達に乱暴する…
という生徒がいて、先生を困らせているらしい。

先生が親御さんに話しても、
深刻に取ってもらえないとか。
クラスメートには、「支援級に行けよ!」
と思われているらしい。
先生も大変だなあ。

出典:Yahoo!ニュース
 

やり過ぎかなと思う反面、
「注意しても反省している様子がなかったため
」と言う一言に言うこと聞かない生徒に
手を焼いている光景が目に浮かぶ。

四年生にもなってここまでしなければ
授業を座って聞けない生徒も相当問題。

授業を受けさせないとかできればいいのに。
それはそれで親から文句がでるのかな?

出典:Yahoo!ニュース

 
指導の仕方は良くなかったが、
その三人は他の生徒の邪魔しているし、
不要物であるともおもう。
許される罰は必要である。

出典:Yahoo!ニュース
 

これくらい脅さないといまの子は言う事聞かない。
理科の実験は危険を伴う。

やむを得ないとは言わないが
確実におとなしくさせるにはどうすればよかったか。
出典:Yahoo!ニュース

 

先生は子供のために保護者と戦うことをしてください。
授業中歩き回る=多動だと。

市の教育センター等を進めてください。
親は自分の子供をしっかり受け入れないと。
二次障害で不登校、鬱、自殺…
今しっかり向き合わないとダメです。

出典:Yahoo!ニュース

 

もちろんワザワザノコギリを持ち出して
注意はいただけないが、
普段我が子しか注意をしない親にはわからない。

外で他人の子や、子供の友人を注意してみたらよい。
きちんと聞き入れる子もいるけど、
悪態つく子もいる。

自分はきちんと注意できると思い込んでいても、
その時に平常心でいられるかは、
経験してみなければわからない。

出典:Yahoo!ニュース

 

叱られるってありがたいこともあるので度が過ぎなければ、
抑止力になるように思う。

出典:Yahoo!ニュース

 
 
 

スポンサーリンク

塩釜市立第三小学校の女性教師
生徒にのこぎり見せ「脚切るぞ」と
脅したことについて

 
今回の女性教師のとった行動は
確かにやりすぎだが
擁護しているネットの意見もあります。
 
 
やはり理科の授業で危険を伴う実験では
ふざける生徒がいれば
ケガ人がでる可能性もあるので
教師は神経がピリピリしているはずです。
 
 
そこで3人ものふざけた生徒が出てきたので
イライラ・ピリピリが頂点に達して取った行動と
予測できます。
 
 
ノコギリは確かにやりすぎですが
そこまでしないと3人の生徒が
言う事を聞かないと
先生も思ってしまったのでしょう。
 
 
矢面にされるのは女性教師ですが
3人の生徒にも問題がりますね。
 
 
1人ではなく3人と
いうのがたちが悪いです。

 
 
私が小学生の時代なら
笑い話で済むような出来事ですが、
 
時代が違うとヤフーニュースで
大きく取り上げられることになります。
 
 

-教職員の不祥事

Copyright© 時事情報ドット・コム , 2020 All Rights Reserved.