スキルアップ講座

VOL.18第三章:【概要】疲れを貯めない生活習慣づくり

VOL.18
今回からは、第三章。

疲れを回復させるための生活習慣の作り方を
具体的なメソッドとともにお話していきます。

私達が「疲れた」と感じる状態とは
一体何を指すのか?

そして、その疲れを効果的に
解消する「休み方」とは
どんなものなのか?

科学的な研究に基づく
正しい理解をすることで
高いパフォーマンスを発揮することができるようになります。

今回は、全体の「概要」をなぞる形で
第三章にお話することを
総ざらい的にお伝えしていきます。

その上で、次回以降から個別の解説を
行っていきます。

まずは、私達が感じる
「疲労」という現象について
正しく理解しましょう。

#3つの疲れの種類「体」「心」「神経」

疲れの種類には「3つ」があると言われています。

それは、「体」「心」「神経」

この3つの疲れです。

ですが、この3つの疲れによって
「脳」が疲れることはありません。

また、本来は集中力が低下することもないのです。

#脳は疲れない

ただし、脳は「疲れた」と思い込んでしまう
ということはお話しました。

作業後の疲れや、運動後の疲労感を
「脳の疲れ」だと思いこんで
集中力を阻害してしまうことがわかっています。

#ウィルパワーの消耗を回復することで脳疲労を回復する

そこで、
「体」「心」「神経」

この3つの疲れを適切に取り除き、
かつウィルパワーをしっかりと回復させること。

これが大事というわけです。

#睡眠術

そこで、まず回復の第一に挙げられるのが「睡眠」です。

睡眠不足になると、人は外部からのストレスや刺激に
反応しやすくなります。

すると、小さな物音などでも
敏感に反応してしまうことになり
集中力が途切れやすくなるのです。

集中力が続かない
=色々なところに注意力が取られる
=ウィルパワーを失う

という悪循環に陥ってしまうわけですね。

#「寝る時間」が大事。

では、「どのくらい寝ればいいのか?」
ということですが…

適切な睡眠時間の長さについては
個人差があります。

ただし、睡眠の質は

「22時から2時の間」で
深い眠りに落ちているかどうかで決まる、といわれています。

この時間は、成長ホルモンが分泌され
傷ついた細胞を癒やす働きが
活性化すると言われているからです。

もちろん、この成長ホルモンは
脳の疲労回復や
神経細胞に修復にも力を発揮するため
ウィルパワーを回復する効果も見込めます。

#疲労の原因は「目」にある

先ほどお伝えしたように
「脳は疲れない」ということが
現代脳科学では明らかにされています。

私達の感じている疲労感の原因は
「目」にあると言われています。

目は、視神経などが集中しているので
この目が疲れると
脳は「疲れた」と錯覚してしまうと言われています。

#「感覚」を癒やす

なので、目を温めたり
マッサージすることで
目を回復すれば
集中力を取り戻せるというわけですね。

ホットアイマスクなどもおすすめですね。

#「不安」への対策術

次に、「不安」を書き出すということ。

日常の中でストレスや心配事があると
脳はそちらを「どう処理するか?」ということに
無意識に考えを巡らせます。

当然、このときもウィルパワーを消耗します。

では、どのようにして
不安に対するウィルパワーの流出を食い止めればいいのでしょうか?

#ワーキングメモリーの性質を知る

私達の脳には
ワーキングメモリーという機能があります。

この機能を一言で言えば
「脳のメモ帳」です。

例えば
「1時間以内に卵を買ってくる」
という用事があったとします。

すると脳は、行動のために必要な情報
=忘れてはいけない情報を「一時的に記憶」します。

この場合「1時間以内」「卵」「買う」
ということがワーキングメモリに保存されるわけです。

ですが、このワーキングメモリーにも
限界容量があります。

#大学受験で点数をあげたテクニック

例えば、大学受験をこれから受ける学生は
頭の中に様々な不安を抱えています。

「落ちたらもう一年浪人だ…」

「不合格なら家族を悲しませる…」

「これまで必死で勉強したのに…」

こういう「不安」が頭の中にあると
ウィルパワーがどんどんそちらに
流出してしまうわけです。

そういう時、ある心理テクニックを用いることで
集中力を劇的に回復させることができます。

それは

#不安を書き出す

ことです。

実際に試験前に
不安に思うことを紙に書き出すことで
ワーキングメモリーをリセットし
集中力を高めることができた

という報告が挙げられています。

私としては、紙とペンで
アナログ作業的に
書き出してみることをすることをおすすめしています。

#◆まとめ。3つの回復法

【1】睡眠の質を上げる

【2】感覚を癒やす

【3】不安を書き出す

第三章では、この3つの回復法について
一つ一つを掘り下げていきながら
より実践的にお話していきます。

毎日正しい回復サイクルを身につければ
ビジネス上での成功の助けになることはもちろん
エネルギッシュに日々を送れるようになるでしょう。

ぜひ、一つ一つの講義の内容を実践的に身に着けて下さい。
 
 

-スキルアップ講座

Copyright© マインドアップ講座 , 2019 All Rights Reserved.