スキルアップ講座

VOL.24目を癒す2つの方法

VOL.24
前回の講義では、視覚と脳が直結しているという
医学的な解説を交えた上で

脳は「目を癒す」ことによっても
回復できるということをお話してきました。

今回は、「目の疲れを取る」2つの方法について
お話していきます。

#方法1:【目を温める】

まずは、目を温める、という方法です。

目を温めることによって
目の周りの筋肉の血流が活性化します。

すると、筋肉を動かすために必要な
酸素や栄養素が目に集まって
回復すると同時に
疲労物質が排出されます。

その結果として
目の疲労が軽減し、集中力が復活する、ということです。

#ホットタオル・ホットアイマスクの活用

その方法としては…

タオルを湿らせて、電子レンジで温める

もしくは

ドラッグストアで買えるホットアイマスクを用いると良いでしょう。

※この商品はあくまで参考です

この「目を温める」ということは
眼精疲労やドライアイなどの軽減にも役立つと言われています。

#方法2:【目のストレッチで血流を良くする】

すぐに試せる方法としては
この「目のストレッチ」が手軽かつ効果的です。

【1】
まぶたをぎゅっと閉じて、その後大きく開きます。
これを数回繰り返します。

【2】
眼球を、ゆっくりと上下左右に動かします。
これを3セット行います。

【3】
眼球を、右回りに、大きく一回転。
左回りに大きく一回転。

目の疲れに加えて、目の潤いを取り戻すという効果もあります。

また、デスクワークで
近い距離ばかり見ていた場合は
遠くのものを見る、ということも有効です。

3mくらい離れた対象を見てから
手元30cmほどの近い距離を見る

という動作を、交互に20回繰り返すことで
毛様体筋(水晶体の暑さを調整して、ピントを合わせるための筋肉)
の疲れが軽減されます。

#目薬を使う

目薬も、同様に効果があります。

ビタミンBが入っている目薬が
疲労回復にとって良いとされています。

作業の合間合間に目薬を使う、ということを
ルーティン化してもいいですね。

#目を休ませる

目を休ませる効果的な方法は
真っ暗闇の中で、資格情報をシャットアウトすることです。

目というのは、起きている時は常時稼働状態で動き回っています。

ただ、そこに5分ほどでも
アイマスクを使い、インターバルを挟むことで
目薬やマッサージを上回る
疲労回復効果があると言われています。

これは、5~10分のパワーナップでも可能です。

#パーミング

ヨガの技法では
「パーミング」という方法があります。

これも、目を休めるのに効果的です。

1:両手をこすり合わせて手のひらを温める

2:まぶたに手が当たらないように、両目を覆う

3:光が目に入らないようにして、目を開け暗闇を一分間見つめる

これだけでも、睡眠に似た
記憶の整理・定着効果が期待できると言われています。

アイマスクやパーミングなどを使い
目の疲労を取り除いて
集中力を取り戻しましょう!

#まとめ:目の疲れの取り除き方

今回は、目の疲れを癒やす
具体的な方法を解説してきました。

・目を温める(ホットタオル・ホットアイマスク)

・目のストレッチ

・目を休める

これらは短時間でできる上
非常に効果の高い方法です。

ぜひ、毎日の睡眠・
パワーナップと合わせて
実践しましょう。

そして、高いパフォーマンスを
発揮できるよう
自分をメンテナンスしましょう。

それでは。

-スキルアップ講座

Copyright© マインドアップ講座 , 2019 All Rights Reserved.