スキルアップ講座

VOL.6時間にリミットを設ける

VOL.6

前回のお話では、集中力を維持するために、短時間ごとに決めて休憩を取る重要性についてお話しました。

今回は、さらに切り口を変えた角度から、短時間で区切ることが集中力を生むという理由について解説していきます。

時間の流れというものは、タイマーや時計などの道具を使わない限り、目で見ることができません。

同じように、集中力も見ることの出来ない資源です。

目に見えないものは、人はつい無限にあると勘違いしてしまいます。

(クレジットカード払いにすることで、現金の流れに対する意識が甘くなり、浪費する人が後をたたない理由の一つでもあります)

そのように、集中力の限界や性質を知らないことが、人間が集中力をうまく活用できない原因そのものだということです。

#選択肢を絞ることで生まれる生産性

人は、「いつまでも時間がある」と思ってしまうと、ついついいろんな選択肢を考えてしまいます。

もちろん、創造的な活動のときに、いろいろな可能性を試行錯誤することは悪いことではありません。

ただし、「やることがわかっている」という時は、無駄にあれこれと寄り道して考えることはデメリットしかありません。

なぜなら、選択肢が増えれば増えるほどに、その取捨選択に対して「ウィルパワー」を消耗するからです。

なので、ここで、仕事や作業の進め方を、集中力の仕組みに沿ったシステムに切り替えていきましょう。

前回のお話でもしたように
25分集中し、5分休憩する、というボモドーロテクニックが有効です。

なぜなら、集中力は
「自由」な時よりも「制限」がある時のほうが
高い力を発揮するからです。

#リミットを設けて、時間を意識する

一つ、思い出してください。

・「別に残業してもいいや」と思ったときの仕事の一日
・「今日は絶対定時に帰る」と決めたときの一日

一時間あたりでは、どちらのほうが高いパフォーマンスを発揮できるでしょうか?

・夏休みが始まったときにのんびり宿題をする時
・夏休み3日前に宿題をする時

どちらのほうが捗るでしょうか?

・テスト一ヶ月前に、自宅でする勉強
・テスト前夜の勉強

どちらのほうが、集中できるでしょうか?

すべて「後者」ではないかと思います。

このことからも分かる通り、人間は
「制限(タイムリミット)」を意識したときに
パフォーマンスが上がります。

なぜなら、使える時間が限られるため
選択肢が狭まるからです。

#人生最後の日だったら

よくある自己啓発のセミナーや本などだと
よく「今日が人生最後の日だったら、何をしたいか?」
という問いかけが行われます。

家族と過ごすことだったり
きれいな景色を見に行くことだったり
美味しい食べ物を食べることだったり…

何でもいいのですが
時間に限りがあることを意識した時
人は自ずと

「重要なもの」「大切なこと」
に集中しようとするのです。

(さらに言い進めれば
「死を意識する」「人生の時間は限られている」
という意識(メメント・モリ)を持つことが
人生単位での生産性は高くなることは言うまでもありません)

#ブログの記事執筆

例えば、ブログの更新などの文章執筆でも同じです。

時間を決めて、タイマーを設定し、素早く書いていく。

そうすることによって

「こういう書き方もいいかなあ」
「もっとこうしたほうがいいかなあ」

あるいは

「ああ、だらけたい」
「あっ、ネットのこの記事を読みたい」

という雑念…

などの、脳内の無駄な選択肢を省き、目の前の文章に集中できます。

そして、ウィルパワーの消耗が減り
集中パフォーマンスが上がるという好循環に
自分を導くことができるのです。

#「重要な仕事ほど忙しい人に頼め」

「重要な仕事ほど忙しい人に頼め」
と言われます。

これは、忙しい人ほど、集中力を発揮する力に長けています。

集中して作業するということに慣れているので
常人よりも高いパフォーマンスで仕事をこなしてくれるというわけです。

このように、生産性が高いほど、多くの仕事をこなし、さらに多くの仕事が回ってくるようになるので、重宝され、収入が上がるのです。

この図式は、サラリーマンでも起業家でも同じです。

「仕事力」=「集中力」✕「時間」

#まとめ:時間設定の意義と重要性

今回の話で大事なことは、作業に時間を設定して、それを遵守することです。

今目の前の作業を何分で終わらせるのか?

そういった目標を設定し、時間にリミットを持つことが、高い生産性を発揮するコツです。

また、時間を区切る時は、ぜひ前回も紹介したボモドーロテクニックを使ってください。

(タイマーを測ることで、自分がどのくらいのパフォーマンスで集中できているのかを視覚化することもできます)

今目の前にある作業に対して、時間を区切り、生産性を高めて取り組んでいきましょう。

目の前にある作業だけではなく、大きなプロジェクトにおいても

「~~までに~~する」とコミットしてそれにお取り組んでいくことが大事です。

時間は有限です。

今日という一日で、最大のパフォーマンスを発揮しましょう。

それを毎日続けて、習慣化していきましょう。
 
 

-スキルアップ講座

Copyright© マインドアップ講座 , 2019 All Rights Reserved.