スキルアップ講座

VOL.8【第二章】高い集中力を発揮する4つの要因

VOL.8
【第二章】高い集中力を発揮する4つの要因

さて、第一章では、集中力のルールについて見ていきました。

第一章での原理原則をまとめると…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

VOL.1
集中力の原則を知る意義

VOL.2
・収入は、生産性を高めると、あとから付いてくる
・生産性は、集中力を高めることで向上する

VOL.3
・集中力は後天的に鍛えられる

VOL.4
・「最短最速でスタート」することで生産性が上がる

VOL.5
・時間を区切ることで集中のサイクルを作る

VOL.6
・タイムリミットを設定することでパフォーマンスが上がる

VOL.7
限界に挑み、限界を叩き上げて、行動量を増やしていく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

といった内容についてお話しました。

(気になったところ・重要だと思ったところ・うろ覚えのところは要復習です)

それでは、ここで一区切りして、第二章の内容をお話していきます。

第二章の目次は、以下のとおりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2-1 場所の重要性

集中できる場所、できない場所の違い
片付けと断捨離で集中力を節約

2-2 姿勢の重要性

長時間座ろうとしないこと。
15分に一度「●つ」ことで集中力をキープする

2-3 食事の重要性

パフォーマンスを高める食品まとめ
「低GI食品」と「間食」が集中力持続の鍵
間食のコツ

2-4 習慣の重要性

集中を続けるには「迷い」を減らせ
生産性の高い日常をルーティン化する
即判断という最強の習慣
効果的な瞑想法

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これからお話することは
集中力を高める4つの要因についてです。

その4つとは
場所・姿勢・食事・習慣
です。

#場所

集中するためには、「場所」を選ぶ必要があります。

私は、始めてブログを書き始めた時は
スターバックスのコンセント付きの席を
仕事終わりの数時間粘ってずっと記事を書いていました。

それ以降も、仕事部屋の環境については
非常に強いこだわりを持っています。

なぜなら、仕事部屋によって
パフォーマンスが変わり
収入が変わるからです。

よくある間違いとして「図書館では集中できる」
という思い込みは、意外と「ウソ」だったりします。

このテーマでは、そういった
科学的に正しい「集中場所」の
選び方と作り方についてお話していきます。

#姿勢

集中力を保つ上で、大事なのは姿勢です。

集中と姿勢の関係については
非常に多くの研究結果が発表されています。

ある小学校では「立腰教育」といって
正座で、背筋をピンと伸ばして授業を受けさせる、という試みをしています。

実際にそれで生徒の学力が高まったという報告もあります。

他にも、様々なデータの中から、デスクワーク向けの作業環境について
解説していきます。

#食事

食事の知識についても、大事です。

筋トレする人が
プロテインやタンパク質を重視するように

我々頭脳労働者にも
相応しい、パフォーマンスを高める
食事や栄養学があります。

その選び方や食習慣についても
総合的に解説します。

#習慣

集中力を高める上で大事なのは
「集中力を高めるような生活スタイル」を送っているかどうか?
ということも一つのポイントです。

この項目では
集中力を高めるライフスタイルについて解説します。

以上の4つ…

場所・姿勢・食事・習慣

この4つについて、具体的かつ学術的な研究結果に基づき
パフォーマンスを高める工夫を示します。

ここからはかなり具体的な話になりますので
「具体的に取り入れる」
「実践的に取り入れる」ことが求められる章にもなります。

また、私が使っている仕事道具やツールなども
テーマに沿って順次紹介していきます。

自分が使っているものを紹介しますので
必要そうだと思ったら、買うなり使うなりして
取り入れてみてください。

(例えば、姿勢矯正の項目では色々と紹介します)

中には値段が張る物もありますが
手頃に手に取れるものもあります。

何か紹介するといっても
いちいちアフィリエイトリンクを貼るような
セコい真似はしないのでご安心ください(笑)

それでは、今回は第二章の概要についてお話しました。

明日の講義では「場所」についてのお話をします。

また今回の講義へのレスポンスお待ちしておりますね。

それでは!
 
 

-スキルアップ講座

Copyright© マインドアップ講座 , 2019 All Rights Reserved.