2009年3月31日 19:24 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

加護ちゃんの快復を願う

いつもご覧いただきありがとうございます。KOJIです。
って、今日のビスケットクラブで、加護ちゃんが携帯の電波が届かないようなところで撮影していると、スタッフさんにより報告がありましたね。しかも、加護ちゃんは到着直後から、現地の食べ物に当たったとか・・・・。(ioi)携帯が使えない状況の場所というのは、海外ではよくある話なので、仕方が無いにしても、食あたりになってしまったということは、これは心配ですね・・・・・。加護ちゃんの快復を心から願いましょう!
しばらくは、スタッフさんからの近況報告が頼りになりますけど、ネットか携帯が使える町に移動するまでは辛抱するしかないですね。心配ですけど、こればかりは仕方が無いことなんで・・・・。

加護ちゃんの体調が良くなります様に・・・・・・・。(-人-)

ビスケットクラブ「☆海外速報!その1」
http://biscuitclub.fc.yahoo.co.jp/index.php?itemid=713

アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月29日 12:59 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

リンク集の見直しをしました。

いつもご覧いただきありがとうございます。KOJIです。
開設以来、リンク集の見直しを一回もしていませんでしたので、全体的に見直しました。
一部のサイトが閉鎖になってましたので、リンクを解除いたしました。また、リンク先の変更になってるサイトはリンク先を変更いたしました。亜依WISHでは、常時、相互リンクを受け付けております。リンクをご自由にお貼りいただいて結構です。その際は、当サイトの「サイト紹介」の「リンクについて」と「相互リンクについて」をご覧の上、「お問い合わせ」より、メールをお送りください。


アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月29日 11:19 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

小籔さんのラブコールに答えては? って、CDはまだっしょ。小籔さん。(;^^)彡つビシッ

小籔千豊、新番組会見で加護ちゃんにラブコール♪
http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200903/29/ente218904.html


◆ 「Music-」オープニングの収録 ◆
 4月7日にスタートする読売テレビの新番組「Music&Entertainmentガチカメ(7)」(火曜深夜0・59)のオープニングの収録が28日、大阪市内であり、ナビゲーターを務める吉本新喜劇座長の小籔千豊(35)やピン芸人の中山功太(28)らが会見した。
 カメラ1台で密着した人気アーティストの素顔を、週替わりで7人のナビゲーターが紹介する音楽バラエティー番組。現在、出演が決まっているのは東方神起やレミオロメンらだが、今後ナビゲートしてみたいアーティストを問われた小籔は「加護ちゃんをお招きしたい。新曲を出したということで全面バックアップする」とファンを公言する加護亜依(21)にラブコールを送った。


去年のよゐこの番組「よゐこ部」でファンを明らかにした小籔座長ですけど、来月に始まる関西のローカル番組の記者会見で加護ちゃんをゲストに呼びたいと言ってくれたそうですね。とても、嬉しいことですわ。
歌手としての実力も持つ加護ちゃんだけに女優さんだけでなく、歌手としての活動も頑張ってほしいもんですね。
っていうか、CD出したんやったっけ?(・・;?先日、収録してたのはビスクラに載ってたから、まだやったような気がするんすけど・・・・。(^^;;


アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月27日 08:00 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

カンフーシェフの上映館が増えた!(更新)

いつもご覧いただきありがとうございます。KOJIです。
シアターイメージフォーラムでのカンフーシェフの上映開始まで1ヶ月をきりましたね。そこで、なんと!嬉しいニュースが加護ちゃんの公式サイトにスケジュールされてました!!関西地方と東海地方の皆さん!時期はずれますが、公開されることになったようですよ!!<(^O^
詳細な日時はまだ明らかになってませんが、6月には名古屋のシネマスコーレで、7月には大阪のシネマート心斎橋で公開される予定です。カンフーシェフの公式サイトに掲載されていますし、加護ちゃんの公式サイト「Love basket」のスケジュールにも掲載されていました。また、くわしい情報がわかれば、お知らせいたします。これで、全国公開への道につながるといいですね。

追加情報!
名古屋、大阪の各上映予定館に電話で確認したところ、東京で前売り特典としてついてくるDVDは、つく予定です!東京ですでに手に入れられた方はい・・・・(ry(笑)ですが、まだ、手にされていない方は、もう少し待てば、手に入れることができるかもしれませんよ~。(^^;

加護ちゃん公式サイト「Love basket」スケジュール
http://www.kagoai.net/schedule.php
名古屋・シネマスコーレ
http://www.cinemaskhole.co.jp/
大阪・シネマート心斎橋
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/

2009/03/27 13:50更新

アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月26日 11:50 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

カンフーシェフの公開スケジュール決定!!

『カンフーシェフ』公開日が4月25日(土)に決定いたしました!
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=8169


香港映画を代表する役者であり、世界で1番偉大な“動けるデブ”と言っても過言ではないサモ・ハン・キンポーが、鍛え抜かれた肉体を武器に俳優としても活躍する台湾の人気スター、ヴァネス・ウーを従えてスクリーンに登場。さらに、元モーニング娘。の加護亜依が芸能界への復帰第1弾として本作に出演。愛らしいキュートな演技に加え、体当たりのアクションを披露しています。監督はアクション監督(『少林キョンシー』)から監督に転向したイップ・ウィンキン。武術監督には、『マトリックス』シリーズ、『カンフーハッスル』等、数々のアクション名作を手掛けてきたユエン・チュンヤンを起用。料理と武術の達人であるカリスマシェフ・ピンイーが、熱き男ケン、そして、シェン姉妹と力を合わせ、かつて自分をレストランから追い出した男との料理対決に挑む本作。熱きカンフーそして料理バトルは必見です!

出演:サモ・ハン・キンポー ヴァネス・ウー 加護亜依
ラム・ジーチョン チェリー・イン ブルース・リャン ルイス・ファン
監督:イップ・ウィンキン 脚本:エディ・チウ 武術指導:ユエン・チュン・ヤン、ユエン・シュン・イー
音楽:リアン・ウェンタオ 製作:ジェレミー・K・P・チャン 製作企画:ソメノ ユキオ
(C)2008 My Way Film Co.,Ltd/NIHON SKY WAY INC.
2008年/香港/カラー/35mm/90分/原題:功夫厨神 配給:日本スカイウェイ

4月25日(土)よりシアター・イメージフォーラムにてロードショー!


ようやく、カンフーシェフの公開日が決定しましたね。前売りにて鑑賞券が発売されていましたが、ようやく公上映スケジュールも決まり、上映時間も決まったようです。
1日の上映時間は、10:50、12:50、14:50、16:50、18:50の5回です。期間に関しては、まだ公表されていませんので、わかり次第、お伝えします。
東京近郊に住む方は是非、見に行きましょう!!好評ならば、全国公開もあるかもしれませんよ~!!

カンフーシェフ公式サイト
http://www.kungfuchefs.com/

アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月24日 20:17 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

加護ちゃんのファンクラブで入会キャンペーン実施!

加護ちゃんのファンクラブ「Love basket SUPERIOR」で、入会キャンペーンを実施するとビスケットクラブで情報が掲載されました!キャンペーンの内容は・・・
実施期間は3月25日から4月10日で、その期間に入会した人には抽選で加護ちゃん出演の「カンフーシェフ」の鑑賞券とサイン入りチラシがもらえるということです!この機会に是非入会してみてはいかがですか?

ビスケットクラブキャンペーン情報掲載ページ
http://biscuitclub.fc.yahoo.co.jp/index.php?itemid=701

加護亜依公式ファンクラブ「Love basket SUPRIOR」入会キャンペーン
http://www.kagoai.net/event.php


アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月23日 11:09 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

IE8をぶち込んで見た(爆)

いつも、ご覧いただきありがとうございます。KOJIです。
σ^^;がいつも使ってるメインマシンは、WIndowsXPをインストールした自作パソコンなんすね。そこで、先日、マイクロソフトがブラウザ「Internet Explorer 8」を公開したというニュースをみましたので、もっさりして使うのが嫌になっていたIE7からインストールをしなおしました。
そして、使ってみたんすけど、使い勝手はというと、快適にホームページが見れるようになったってとこでしょうかね。気持ちというか、明らかにIE7よりも、早く見ることができるようになってます。この点はお利口さんになったってことでしょう。しかし、問題が一つ発生し、これがちと、大きな問題かもってな感じです。それは、アウトルックエクスプレスの後継バージョンに当たる「WIndows Live Mail」というソフトとの連携が・・・・。orz
いままで、メールの中のURLをマウスでどついたら、Sleipnirが立ち上がって見れていたんですよ。それが、IE8にした途端、エラーメッセージが表示されるようになってしまって、オークションのアラートで送信されてきたページが見れないという状態になってしまいました・・・・・。

その原因ってのが、どうも、IE8を既定のブラウザにしないといけないらしく、今はIE8を既定のブラウザに指定しています。(ioi)亜依WISHをご覧の方で、Windowsな方々は、新しいブラウザが出たからとほいほいとインストールすると、(ioi)な状態になることもありますので、ご注意を。(笑)

って、加護ちゃんはマック使いやったっけ?Win使いなら、気をつけてね~。(^^;

アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月21日 16:28 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

加護ちゃんの相方、辻ちゃんもテレビ番組復帰

辻希美が『女神のマルシェ』で2年ぶりのTV出演
http://www.oricon.co.jp/news/movie/64363/full/


 タレントの辻希美が、19日(木)付のブログで、4月10日(金)放送のバラエティ番組『女神のマルシェ』(日テレ系)に出演することを報告。辻は「実はこの番組で、のんが二年ぶりに初めて出演する番組です」と、2年ぶりのTV復帰であることを明かした。
 愛娘の希空(ノア)ちゃんが昨年11月に1歳の誕生日を迎え、育児もひとまず落ち着いてきたことで、今年1月31日に開催された『Hello! Project 2009 Winter 決定!ハロ☆プロ アワード‘09 ~エルダークラブ卒業記念スペシャル~』から芸能活動を本格的に再開させた辻。2年ぶりのTV番組出演となったが、収録には若い女性に人気のファッションブランド・ロジータのワンピースを着て、大きなリボンを付けて参加した。
 同番組は佐藤弘道、田中律子が司会を務め、最新のファッション・コスメ情報や生活に役立つグッズなどを紹介している。 『女神のマルシェ』は日本テレビ系で金曜午後4時放送、4月3日(金)からは放送が10分繰り上がり、午後3時50分からの放送となる。


辻ちゃんもようやく、テレビの本格復帰を果たすようですね。この番組は、通販番組で関東ローカルで放送されているようですね。でも、地方で見れなくて残念と思ってる方!ご安心くださいよ、この番組は放送後に第2日本テレビでインターネット配信で見ることができるようになります。そこで、見るのがええかもしれませんね。って、復帰後、初の番組が通販番組って…。(^^;辻ちゃんもバラエティに出て欲しいっすけどね~・・・・。

日本テレビ『買物大スキ!女神の市場』(辻ちゃん出演時は15:50~16:20の放送)
www.ntv.co.jp/megami/
第2日本テレビ『買物大スキ!女神の市場(マルシェ)』(辻ちゃん出演の回の配信は、本放送後)
http://www.dai2ntv.jp/infotainment/megami/

アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月21日 07:32 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

さて、問題です。加護ちゃんの歳の倍になったのは誰でしょう?

1.KOJI
2.KOJI
3.KOJI
さて、上のうち、どれでしょう?
・・・・・・・・・
選択肢の内容が全部、いっしょやろが!!(゜゜()O=(--メ バゴッ

っていうか、今日で42歳になりましたわ。(^^;加護ちゃんの歳の倍(爆)ま、こんなおっさんでも、これからも加護ちゃんを応援するのは変わりないんだすけどね。(^^;;でも、後厄に当たる歳なんで、気をつけないといけませんな。σ^^;は、聖書を読んで厄除けとしておきましょう。(^^;そういえば、加護ちゃんは、女性のメインの厄年の1回目を去年に終えて、今年からは、しっかりとやっていける感じですな。加護ちゃんが次に気をつけるのがええのが、30~32歳の時だす。

加護ちゃん、そのときにはちゃんと厄払いし~よ~。(^^

アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月20日 14:09 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

いや~、エエ感じに...(^^

って、WBCっすけどね。(爆)どもども、KOJIです。
今日は、日本代表が第2ラウンド1位決定戦で韓国に勝ちましたね~。
加護ちゃんは歌の収録や撮影など、今、お仕事は順調に来ているようなのに対して、WBC日本代表は・・・(^^;韓国に2敗してましたからね~。第1ラウンドの1位決定戦、第2ラウンドの2戦目と日本は韓国代表に負けてましたから、今日、日本が勝ったのは嬉しかったですね~。イチローが復調してきてますから、準決勝、決勝と日本代表に頑張って欲しいですね。(^^;

加護ちゃんは野球には興味ないんかな? 興味なかったら、ごめんちょ。(^人^;

がんばれ、侍ジャパン!!O(^^


アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月16日 19:25 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

加護ちゃんは健気

いつもご覧いただきありがとうございます。KOJIです。
今日は、週刊誌にあまりにも酷い写真が掲載されてしまいましたね。哀しすぎるというか、哀れでしょ。
さすがにあのような記事は人として、倫理観を疑う内容ですね。
でも、亜依WISHは頑張る加護ちゃんを応援していますよ。今の加護ちゃんは過去に失敗しても、一所懸命に頑張れば、再び活躍できるということを身をもって証明しようとしているように思えますからね。

加護ちゃんを批判する人もいることは事実でしょうが、世の中には色んな人がいて、応援する人もいる。過去に失敗したからといっても、それを否定する意見を持つことは自由だけど、加護ちゃんが頑張ってる姿を見て、応援するのも自由なので、見守ることがベターですね。
ただ、週刊誌がこぞって面白がって、煽るような報道をするのはいかがなものかと思います。両方の主張を掲載しているといっても、紙面の割き方をみれば、どっちに偏った内容になっているのかは明らかなわけですから。週刊誌を見ていて、「公平な」報道とはとても受け取ることができないと感じている人は多いと思いますよ。一方の主張を大きく掲載すれば、もう一方は嫌な思いをすることは間違いない事実ですから、報道するにもまず、人として、その観点を忘れずに報道を心がけてもらいたいものだと思います。

加護ちゃんは、昨日までのブログでは本当にファンを気遣うぐらいに健気に頑張っているのを見ると、加護ちゃんに直接、届かないまでも、応援する気持ちを持ち続けていたいと思いますね。

加護ちゃん、いろいろ言われているけど信じているからね。

アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月12日 20:12 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

騒動に関しては、いい加減に報道をやめるべきでは?

いつも、ご覧いただきありがとうございます。KOJIです。
今週も、例の騒動の記事が掲載されていて、調停申し立てに関しての記事が「女性セブン」に掲載されています。亜依WISHでは、2月9日の「加護ちゃんが略奪愛?んなことないやろ!(メーー)彡つビシッ」で下氏の意見に対して、批判する意見を書きました。下氏は批判を続けています。しかし、下氏の主張には、矛盾するところが多く、自分の都合のよい意見のみを通していないようにしか見えません。しかも、水元氏本人にはブログで一言書いていたのに、そのコメントも削除し会見一切開かず、水元氏のファンに対して、何のメッセージも出さないのか甚だ疑問に思います。そのような状態が続いている以上、もう一度、一ファンとしての立場を明確にし、今回の水元氏の元妻安恵氏の主張に対して意見を書きたいと思います。今回は水元氏が今年1月に離婚した安恵氏の主張を基にした記事になっています。内容は、先日、新聞で報じられた内容なので割愛します。納得できない点や疑問に思う点は、以下の通りです。(疑問点、意見を強調したいと思っていますので、あえてである調にしていますので、ご容赦を。)
・加護ちゃんが書いたとされる台本の文章が不倫関係にある証拠としているがその文には「この文章は全てフィクションです。(笑)」とも書かれていることは無視するのか。
・加護ちゃんが「同居していた」とするマンションに残している「加護ちゃんの」衣類等を写真に収め、それを証拠としようとしているが、証拠能力に疑いがある。
加護ちゃんは一貫して、同居していたことは完全に否定しているので、上記の物が本当に加護ちゃんのものであるのかどうか疑わしい。
加護ちゃんは一貫して、「付き合いはない」「好きな人ではない」と主張しているが、水元氏本人からは、ブログで「付き合いはない」(削除済み)と主張して以来、何のコメントが全くないことが理解に苦しむ。
水元氏側の関係者が加護ちゃんの否定コメントに対して「水元氏がコケにされたと言っている」とのことだが、なぜいまの今まで、自ら記者会見を行ったり、参加したイベントで、加護ちゃん側の主張に対する反論、意見や自らのファンに対してコメントを出さないのか。当事者である水元氏がファン・関係者に対して説明責任があると思うのだが、どう考えているのか。
 

あまり、このような記事は書きたくは無いのですが、あまりにも、水元氏が一向に意見を言わないことや矛盾があるにも関わらず、一方的に感情的に批判する下氏に対して水元氏や下氏、およびその関係者の倫理観に疑問に思いましたので、書きました。
ことを荒立てることを善しとしないしているのであれば、家裁に調停を申し立てしている以上、週刊誌に記事にさせずに法廷の場で堂々と主張すべきだろうし、自らの主張をしたいのであれば、水元氏が公の場に出てきて説明すべきではないのかと思います。
このような状態でも、加護ちゃんは一貫して意見にブレはないことを考えても、ファンとして、人として、加護ちゃんの意見が最もであると受け止めることができます。加護ちゃんが水元氏にとった行為が軽率だったと思うことはありますが、それはそれです。加護ちゃんが反省すれば良いことであります。


アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月12日 08:06 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

今週は対談記事が掲載されてますよ~♪(^^

いつも、ご覧いただきありがとうございます。KOJIです。
今週は、週刊誌に加護ちゃんの対談記事が2誌に掲載されてますね。一つは小朝師匠と、もう一つはテリーさんとの対談です。小朝さんもテリーさんもいいかたですね。(^^
まず、小朝さんとの対談に関してですが、小朝さんは例の『ヤス』のつく人との騒動の話を、加護ちゃんはFRIDAYに撮られた件について話になってましたね。人生いろいろってことが伺える内容ですね。(^^;(「人生いろいろ」って、どこかで聞いた事があるっていうのは某小泉首相(爆)が言ったことっすよって、内緒。(^^;)いやな事があって、それを乗り越えたとき、人は成長できるし、次に辛いことにあっても、大丈夫になれるってことですね。

次にテリーさんとの対談ですが、テリーさんとの対談では、復帰する前のことを中心の話ですね。
内容的には、復帰インタビューやフォトエッセイで明らかになった内容ですけど、加護ちゃんが当時思ってた気持ちが語られていて、本当に解雇後は辛い生活を送っていたんだなと思いました。この中でも、FRIDAYの件に関して、語っていますね。従来どおり発言している加護ちゃん主張なんで、加護ちゃんは嘘を言ってはいないと確信できますね。テリーさんは、復帰後の加護ちゃんが大好きなようで、記事の最後にある「テリーから一言」では「今、不景気だといって青い顔をしている男たちに、逆境をはね返して前向きに生きてる加護ちゃんのツメのアカでも煎じて飲ませてやりたいよ!」と、痛烈なメッセージを出されてますね。(笑)

ま、詳細な内容は、手にとってご覧くださいね。


アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月10日 14:39 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

不況はこんなところにも...(´・ω・`)

メディア・クライスが自己破産 出版不況に不景気が追い討ち
http://moneyzine.jp/article/detail/136161/


 加護亜依の対談エッセイ集『LIVE』などを発刊していた東京都新宿の出版社、メディア・クライスが経営破たんしていたことがわかった。東京都新宿の出版社、メディア・クライスが経営破たんしていたことがわかった。同社は3月6日に社員を解雇し、東京地裁に自己破産を申請し、同日付で破産手続き開始決定を受けた。負債額は21億円のもよう。メディア・クライスは2007年、株式会社バウハウスが分社化し設立した。同社から出版物の発行を含む全業務を継承し、社長にはバウハウスの常務だった木村弘之氏が就任、雑誌や男性向けを中心にしたDVDの制作・販売を手がけていた。近年では、08年夏に加護亜依の対談エッセイ集『LIVE』などを発刊していた。
 出版業界は90年代後半から「出版不況」と呼ばれる状態が続いており、近年では『読売ウィークリー』(読売新聞)や『月刊プレイボーイ』(集英社)などの知名度の高い雑誌も休刊に追い込まれたり、ベストセラー『間違いだらけのクルマ選び』の草思社やアスコムが倒産に追い込まれるなど市場規模が年々傾向にある。昨年からは国内の不景気も重なって、消費全体の低迷や不況による企業広告の撤退も起こっており、出版業界最大手の講談社も先月発表した08年11月期の最終損益は76億円と過去最大の赤字に陥っている。


世界的な景気後退が出版業界にも訪れているようですね…。加護ちゃんが去年、リリースしたフォトエッセイ集「LIVE」を発行していた出版会社が経営破たんしてしまいましたね・・・。出版業界全体も消費の低迷や企業広告の収入が減少したことによって、不況の嵐が吹き荒れているようですね。なんか、暗いニュースが飛び回ってますが、加護ちゃんの本を出してくれた出版会社が倒産してしまったのは寂しい限りです。このニュースによれば、メディアクライスは、2007年に設立された新しい会社のようですね。この不況を生き残るには、政治がもっと迅速で大胆な政策によって、やらないといけないんですけど、今の国会は・・・orz
亜依WISHで政治・経済に結びつく加護ちゃんネタが出てくるとは思わなかったです・・・。

国会議員の方々には一言!!!
しっかりとした対策を打ち出さんか!! |(´・ω・`)σ<喝!
大沢親分よろしく、一発入れないといけないでしょ。

さ、それでは皆さん、ごいっ・・・・
させるな!!(゜゜()O=(^^メ バゴッ


アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月 8日 04:31 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

アクションは痛いよ(サーチナインタビュー3日目)

加護ちゃんが香港映画で復活!アクションにも挑戦
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0307&f=entertainment_0307_001.shtml


  キュートな笑顔全開の加護ちゃんが帰ってきた! 国民的アイドルユニット、モーニング娘。の元メンバーで、人気アイドルだった2006年、未成年での喫煙が問題となり、芸能活動を休止。その後、事務所の解雇などの紆余曲折を経て、21歳になった2009年春、香港映画で復活――! 以前よりちょっと大人びた表情を漂わせながらも、やっぱり小リスみたいな加護亜依が、女優としてのアジアデビュー作となった映画『カンフーシェフ』(イップ・ウィンキン監督)について語った。作品の裏側のエピソードや、洪金宝(サモ・ハン)、呉建豪(ヴァネス・ウー)など現地での撮影中の共演者たちとのネタも満載だ。
  ビューンって怖かった!痛かった!殴った!「F4ヴァネスに謝りまくりました」

――『カンフーシェフ』ではアクションシーンにも挑戦されていますね。
  「全部自分でやりました。投げられたりするシーンもあって、力を抜いていないと痛いんですね! スイカがごろごろしている中に落ちるときはすごい怖かったし、ワイヤーで落ちるシーンは映画ではふわーって飛んでいるんですが、実際にはビューンで、怖かったぁ」

――この作品への出演が決まってから現地で撮影に入るまでにあまり時間がなかったようですが、なにか準備したことは?
  「体力が大事なので毎日ジムに通っていました。撮影中は初めの3日間がとってもハードでしたね。初めてのアクションで1シーンに3時間ぐらいかかって。でもヴァネスさんは5時間ぐらい、とことんやってました」

――加護さんが演じたレストランの娘、「シェン・イン」という役について監督から「こんな風に演じて」という指示はありましたか?
  「(ヴァネス演じる若手スゴ腕シェフのケン・ロンを)本当は好きなんだけど素直になれない、猫っぽい感じを出してほしいと言われました。私はプライベートではまったく反対で、男の人をパーンって殴ったりとかできないんですけど、シェン・インは気が強い娘だからそういうこと、しちゃうんですよね。日本だと女の子が男の人を殴ったりってそんなにないじゃないですか。撮影でヴァネスをパーンって殴った後はなんか申し訳なくて、その後に何度も謝ったりしていたんですけど、逆に『オモイッキリ オモイッキリ』って言われたり。撮影の最後の方にはもう慣れちゃって、『ごめんなさい』は言ってなかったですね(笑)」

――挑戦といえば、撮影中、現地での生活で挑戦してみたことは?
  「私、パンが大好きで、その時、どうしてもクリームパンが食べたかったんですよ。お店に行ったら「牛」とか書いてあって、きっとこれはクリームだと思いこんで買って食べたら、肉のそぼろだったんですよ! 中国語で全部書いてあるから、漢字を見て判断するしかなくて......。パンの名前は結構覚えました(笑)。ホテルの近くのコンビニに毎朝、自分でパンを買いに行っていたんですけど、お店の人もだんだん分かってきて、言葉は通じなくてもジェスチャーでいろいろ教えてくれたり。そこで朝まで飲んでいたっていうヴァネスに会ったこともありました」

――かなり一人で自由に動き回っていた感じですね。
  「そうなんですよ! もう、1人であっちこっち。お店の人に『ゾーサン!(広東語で「おはよう」)』って言って。それだけは知ってるんで(笑)」

――かなり香港の感覚をつかんだ感じですが、今後、今回のように日本以外のアジアでのお仕事の予定は? 今作が最初で最後、ということはないですよね?
  「あんまり考えていないんですけど、最初で最後ってことはないと思います。なぜならば!・・・、だからです!」

――え~! 気になりますよ。
  「あはははは(イタズラっぽく笑って)。 気になっておいてください!」

***********

ちょっと裏話:
実は当日、撮影を担当したカメラマン氏が、モー娘。時代の加護さんを何度も撮影していたことが判明。加護さんは当時を思い出し、「あ~っ!」って大興奮。しばし懐かしい話で盛り上がりました。当時、アシスタントだったカメラマン氏も今は独立して1人前に。加護さん、「お互いに独立ですねぇ。私、独立しすぎちゃって香港まで行っちゃいました」と感慨深げでした。(編集担当:恩田有紀)


今日で、サーチナでのインタビューが最終日となりました。
>ビューンって怖かった!痛かった!殴った!
本場のカンフーアクションはスタントマンを使わないからね~。

>「F4ヴァネスに謝りまくりました」
エッ?(;゜Д゜)
ってことは、ヴァネスをしばきまわし・・・・。

>撮影でヴァネスをパーンって殴った
マジでつか?(つД⊂)ゴシゴシ

>後に何度も謝ったりしていたんですけど、逆に『オモイッキリ オモイッキリ』って言われたり。
お~!なんと、心の広いヴァネスさん。(^^

>撮影の最後の方にはもう慣れちゃって、『ごめんなさい』は言ってなかったですね(笑)
お~~ぇ!!あかんやんけ!!!(;^^)彡つビシッ

>最初で最後ってことはないと思います。
って、この仕事がアジアでの最初で最後ってことはないってことやね。(^^

>なぜならば!
おっ!Σ(^^;ついに次のお仕事の発表か?

>・・・、だからです!
(・・)(・.)ガクッ
加護ちゃん、いやいや。言うてへんから。ヾ(^^;

>気になっておいてください!
加護ちゃん、そんな、せっしょうな~。。。。ヾ(´・ω・`)


アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月 7日 07:25 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

えっと・・・またかい!!(メー"ー)彡つビシッ

いつもご覧いただきありがとうございます。KOJIです。
昨日から、一部で報道されているので、ご存知の方はご存知と思いますけど、一応、調停の申し立てということなので、推移を見守るつもりでいますんで、いまは、最新ニュースの一覧からは表示されないようにしていますんで、よろしくお願いしますね。


アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月 6日 19:25 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

撮影中、加護ちゃんは日本を忘れてた?(・・;(サーチナインタビュー2日目)

復帰の加護ちゃん 華流スターF4ヴァネスに冷たい態度?
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0306&f=entertainment_0306_002.shtml


  キュートな笑顔全開の加護ちゃんが帰ってきた! 国民的アイドルユニット、モーニング娘。の元メンバーで、人気アイドルだった2006年、未成年での喫煙が問題となり、芸能活動を休止。その後、事務所の解雇などの紆余曲折を経て、21歳になった2009年春、香港映画で復活――! 以前よりちょっと大人びた表情を漂わせながらも、やっぱり小リスみたいな加護亜依が、女優としてのアジアデビュー作となった映画『カンフーシェフ』(イップ・ウィンキン監督)について語った。作品の裏側のエピソードや、洪金宝(サモ・ハン)、呉建豪(ヴァネス・ウー)など現地での撮影中の共演者たちとのネタも満載だ。

アジアの大スターたちと共演
充実の日々で「日本のこと忘れてました!」

――3週間の現地での撮影。現場はいかがでしたか? F4の呉建豪(ヴァネス・ウー)さんと一緒のシーンがたくさんありましたね。
  「多かったですね~! 逆に彼と一緒じゃないのは撮影中2日間ぐらいで、あとはずーっと一緒でした。彼はすごくストイックでタフな人で、撮影中はブロッコリーとチキンと卵の白身しか食べない。それに必ず2、3時間はジムで汗を流してから撮影に入るんですよ。初めて会った時に日本語で生真面目な感じで『ヨロシク オネガイシマス』って言ってくれて。初めは24歳ぐらいかなと思ったら、もう30歳なんですね。すごい若く見えるなーと思って。撮影が長かったので、いろんなことを話しました。彼がモーニング娘。を知っていたりとか、日本が大好きだっていう話を聞いたり。聞き取りやすい英語で話してくれて、あれこれ教えてもらいました。コミュニケーションをとるために『一緒にご飯に行きませんか?』って誘ってもらったり。すごいジェントルマンなんですよ! でも、私は撮影中は役に入っていたので、彼に対して『ふんっ!』とか、つっけんどんな態度のまんまで(笑) 映画の中の関係とプライベートが同じ雰囲気でした」

――ヴァネスさんに言われたことで特に印象深かったことはありますか?
  「タクシーで移動中に、『君の人生のストーリーを知った』って。インターネットとかで見たんでしょうね。『そういう中で今、香港でやっているのはスゴいことだから、ガンバッテ』って言ってくれました。あとはみんなで将来の話をしたこともありましたね。実は失礼ながら彼が中華圏でそんなに大スターだってことを知らなくて……。撮影でいろんな所に行くと、もうファンがキャーキャーってすごいんですね。エキストラの人たちもみんな、彼に注目しているし。それで、ああ、彼ってこんなにみんなに知られてて、すごいんだなぁって実感しました」

――もう1人の重要キャスト、カリスマシェフ役を演じたサモ・ハンさんとはいかがでしたか?
  「恐そうに見えるんですけど、すごい可愛らしい方でした。撮影中、足が見えない時にはプーさんのスリッパを履いていたり……。お腹が気持ちよさそうなんで、ギューって抱きついちゃったこともありましたよ(笑) ご自分でタッパーにたくさん料理を入れて持ってきてくれたり、気遣いがすごい。でも、プライベートがちょっと見えない感じかな。あんなに体が大きくて、もう60歳なのに、アクションのときはすごいカッコイイですよね。『ハイハイハイハイハイッ!』みたいな、キレのいい動きで、スタントマンなしですからね。やっぱり大スターだなぁって思いました。あと、私のお姉さんの役だった應釆兒(チェリー・イン)さんはプライベートで日本に来た時に遊んだりしました。皆さんいい人だったんで、とってもやりやすかったです」

――撮影中、日本が恋しくなったりしませんでしたか?
  「申し訳ないんですけど、日本のこと、忘れてましたね(笑) 自分が日本人だってことはもちろん分かっているんですけど、本当に忘れちゃうんですよ。毎日のリズムに慣れちゃって、そこにいるのが普通になってました。恋しかったと言えば、日本のコンビニの便利さぐらいかな。暑い時期だったんですけど、撮影をした広東省の広州では冷蔵庫があんまりなくて冷たい飲み物が飲めなかったんです。レストランでもみんな温かいプーアル茶とか飲むじゃないですか。私、コーラとか冷たい飲み物が大好きなんで、それがないのはちょっと辛かった。あ、チェリーに聞いたんですけど、香港のビールは日本の発砲酒みたいにあっさりしているって。私も飲みやすかったですね。あちらの人たちはみんな、その中に干し梅を入れて飲むんです。そうすると梅酒に変わるって言って。あちらに行っていた最後の1日だけ、遊びました。香港の繁華街で韓国焼肉を食べて。日本人が香港に来てコリアンバーベキューって、なんだろう~(笑)ってちょっとおかしくなっちゃいましたけどね」


昨日に続き、サーチナによる加護ちゃんへのインタビュー2日目の内容ですね。
っていうか、ばばば、ヴァネスに冷たい態度したの、加護ちゃん?(・・;;
>私は撮影中は役に入っていたので、彼に対して『ふんっ!』とか、つっけんどんな態度のまんまで(笑)
>映画の中の関係とプライベートが同じ雰囲気でした
ま、映画の撮影中なら仕事に熱心になるあまり、役柄に入り込んでたようですね。(;^。^)-3ほっ。

>皆さんいい人だったんで、とってもやりやすかったです
スタッフさんや共演者の方々が優しい人たちだったんですね。それなら、最高のメンバーに恵まれたということですな~。仕事ではめったにそういう好条件でできることはないので、良かったでしょうな。

>申し訳ないんですけど、日本のこと、忘れてましたね(笑)
工エエェ(゜□゜)ェエエ工
ま、それだけ、集中してたってことでしょう。仕事に集中できるってことはエエことですな。(^^
っていうか、
>日本人が香港に来てコリアンバーベキューって、なんだろう~(笑)
σ^^;ゃ、会社の社内旅行で香港に行って、香港のゲーセンで日本のゲームをして、日本料理店に行ってとそれこそ・・・
それやったら、香港でも日本でも、変わらへんやんけ!!(;^^)彡つビシッと、突っ込みが入りそうなことはしたことが(爆)

このインタビューの続きは明日も続きますよ~。
昨日の分は、こちら・・・・。


アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月 5日 20:37 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

サーチナでカンフーシェフに関する連日インタビュー掲載

加護ちゃん香港映画出演で、3年ぶりに芸能界復帰!
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0305&f=entertainment_0305_003.shtml


KAI018.jpg  キュートな笑顔全開の加護ちゃんが帰ってきた! 国民的アイドルユニット、モーニング娘。の元メンバーで、人気アイドルだった2006年、未成年での喫煙が問題となり、芸能活動を休止。その後、事務所の解雇などの紆余曲折を経て、21歳になった2009年春、香港映画で復活――! 以前よりちょっと大人びた表情を漂わせながらも、やっぱり小リスみたいな加護亜依が、女優としてのアジアデビュー作となった映画『カンフーシェフ』(イップ・ウィンキン監督)について語った。作品の裏側のエピソードや、洪金宝(サモ・ハン)、呉建豪(ヴァネス・ウー)など現地での撮影中の共演者たちとのネタも満載だ。
復帰作でいきなりの香港映画デビュー「なんで香港でやってるんだろ~?」って不思議でした

――カンフーに料理人アクション、ちょっとした恋の話までてんこ盛りで、とても香港らしいエンターテインメント作品ですが、でき上がった作品を見ての感想は?
  すごい面白かったですね。撮影のときはどういう風になるんだろうって想像がつかないので、自分がどういう位置にいて、どういうキャラクターに見えるのかって心配だったんですが、でき上がった作品を見たら、ちゃんと香港に染まってやれていたことに感動しました。

――香港映画は撮影の現場でセリフや設定などいろいろと変わっていったりするそうですね?
  私が演じたシェン・インという役、最初は『お嬢様役』という話だったんですが、結局、ハチャメチャでお転婆なトラブルメーカーで、料理オンチなレストランの娘、という設定に変わっていました(笑) その他にも小さい変更がけっこうあって、最終的に見た作品はイメージが変わっていましたね。

――しばらく休業されてて、復帰作がいきなり香港映画で大スターと共演って、アジア的にすごいインパクトですよね。
  自分でも不思議でした。なんで香港でやってるんだろう~って。

――日本での上映は北京語の吹き替え版なんですが、加護さん演じるシェン・イン役の声が可愛かったですね。
  あれ、スゴいですね~! 声の調子とか、すごい自分に似てました。ちゃんとそろえてくれたんですよね? 若手料理人役の呉建豪(ヴァネス・ウー)さんの声もすごい似てましたね!
(宣伝会社担当者:ヴァネスさんは北京語スピーカーだからご自分の声なんですよ)
  えぇ!? そうなんだー! ヴァネスが話しているのって広東語だと思ってた! 吹き替えの声がすごい似てると思って。 彼独特の声ってあるじゃないですか。ちょっと流した感じで『ん~、OK!』みたいな。洪金宝(サモ・ハン)さんは広東語の人だから他の人が吹き替えているんですよね?(宣伝担当者に確認)

――っていうことは、現場ではいろいろな言葉が飛び交っていたんですね。
  そうなんです。私は日本語と英語を話していて、他の人たちは英語と北京語と広東語でしたね。私には皆さん英語で話してくれて、通訳さんが入ってくれていました。

――ところで、料理人ものの映画の撮影だったんですが、実際、現地での撮影中はどんなものを食べていましたか?
  毎日毎日、中華料理で美味しかった~! 玉子とトマトの炒め物とかライスロールとかギョーザとか、魚の蒸し物とか、もう最高でした。豚足の煮込みもよくみんなで食べたんですけど、食べても食べてもお肌がまったくプルルンってならないんですよ。なんでだろう?ってみんなで話した結果、煮込み過ぎていいエキスがとんじゃってるんじゃない?ってことに落ち着きました。せっかくのコラーゲンなのに、まったく食べた意味なかったですね(笑) フカヒレとか高級なものもいただいて美味しかったんですけど、私は地元の普通のお料理が好きでした。


えっと、いきなり、突っ込みいれておこっかな。。。
>加護ちゃん香港映画出演で、3年ぶりに芸能界復帰!
去年には復帰してたわ!!(;^^)彡つビシッ

ってことで、加護ちゃんの映画の宣伝をどんどんやってくれていますね~。撮影のときの秘話などを話しながらのインタビューはいいですね。
雑誌の取材も6社も受けていたってことですから、どんどんとカンフーシェフを広めて、全国公開になるようになって欲しいものですね。このインタビューは明日も掲載あるそうですので、お楽しみにしてくださいね。

アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月 5日 09:23 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

カンフーシェフの日本向け予告編公開!

アクションに挑む加護亜依!復帰作の劇中映像を公開
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090304-00000017-oric-ent


20090304-00000017-oric-ent-view-000.jpg
 タレントの加護亜依が芸能界への復帰第1弾として出演した香港映画『カンフーシェフ』(4月公開)の劇中映像が公開された。加護は、共演のサモ・ハン・キンポー、ヴァネス・ウーらとともにアクションシーンも披露している。
 『カンフーシェフ』は、世界でもっとも偉大な“動けるデブ”サモ・ハンと、台湾のスター、F4のヴァネス・ウーが主演。カンフーと料理を題材にしたアクション映画で、加護は、おてんばで可愛らしいがトラブルメーカーでもある女性、インを演じる。インは、ヴァネス演じるケンとケンカばかりしているが、次第に惹かれあっていく物語のカギとなるヒロイン。加護が体当たりで挑むアクションと演技に注目!?
 加護は、日本映画復帰作として、横浜開港150周年を記念して製作される映画『弁天通りの人々』に出演することが発表されている。


 加護ちゃんが復帰第1作目のカンフーシェフの公式の予告編が公開されています。この予告編は以下のURLで見ることができます。
http://www.oricon.co.jp/cinema/trailer/d/872/
なお、インターネットエクスプローラーでご覧ください。それ以外では見れないかもしれません。

昨年、中国の方でアップされていた予告編はなんとなく、一般の人が作ったような感じのするものでしたが、今回、公開された予告編は日本公開を意識して、日本向けに作られたものです。
加護ちゃんのアクションシーンはありますが、セリフが無いのが、物足りないところですけどね。ま、本編の公開が楽しみですね。


アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月 4日 20:26 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

レコードチャイナがカンフーシェフを取り上げた

史上最速「動けるデブ」サモ・ハンの完全復活!加護ちゃんやF4ヴァネスも登場の「カンフーシェフ」―日本
http://www.recordchina.co.jp/group/g29075.html  
2009年4月に日本公開を控える香港アクション映画で、元・モーニング娘。の加護亜依の完全復帰作となる「カンフーシェフ」が話題沸騰中だ。
中国が世界に誇る「カンフー」と「中華料理」。これらを豪華かつ大胆にミックスさせた極上の娯楽作品が誕生した。「カンフーシェフ」は、サモ・ハン(洪金宝)演じる料理&武術の達人が、かつて自身をレストランから追い出した男との料理対決に挑むというアクション映画。料理人対決なのにカンフーがふんだんに登場する、というややハチャメチャな設定が、香港映画全盛期の作風を髣髴とさせる。
作品の見どころは、香港映画界の重鎮にして史上最速の「動けるデブ」サモ・ハンの完全復活アクションだ。武術指導やスタントマン、アクション俳優から身を興したサモ・ハンは、武侠映画の巨匠キン・フー(胡金銓)作品や、ブルース・リー(李小龍)主演の「燃えよドラゴン(73年)」などで頭角を現し、カンフー映画ブームの立役者として香港映画界の黄金時代を築く。同じくアクションスターのジャッキー・チェン(成龍)と共に、カンフーに喜劇的な要素を取り入れ、「燃えよデブゴン(79年)」などヒット作を飛ばしたほか、ジャッキー映画の常連俳優として世界中に知られた。今作では56歳(当時)ながら、衰えを見せない激しい本格的アクションを見せてくれている。
また、サモ・ハンと一戦を交えるのは伝説のアクションスター、ブルース・リャン(梁小龍)だったり、香港アクション界のサラブレッド、ルイス・ファン(樊少皇)だったりとカンフー・マニアには垂涎ものの作品となっている。さらに、台湾の人気アイドルユニット・F4からはグループ随一の肉体派ヴァネス・ウー(呉健豪)が参戦。女性ファンをも喜ばせるアクションが展開される。
もちろん、日本のファンにとっては元・モーニング娘。の加護亜依の、映画初出演にして完全復帰作となる点も見逃せない。精悍なヴァネス・ウーとほのかな恋を繰り広げ、作品に華を添えている。
  加護ちゃんの復帰作になった「カンフーシェフ」の話題がメディアでも取り上げられていますね。元々は香港で撮影された映画ですので、本国のメディアに取り上げられることは本国でも注目されているということでしょうか。
日本公開前にあわせてニュースを流してくれることは、加護ちゃんにとってもエエことですよね。(^^
ぜひとも、全国公開に向けて動いて欲しいものです。配給会社の日本スカイウェイさん、頑張ってくださいよ!期待していますからね!!!


アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月 3日 20:45 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

カンフーシェフ日本公式サイト

いつもご覧いただきありがとうございます。KOJIです。
加護ちゃんが復帰後初の映画出演となった香港映画「カンフーシェフ」の日本の公式サイトがオープンしていることがkakioさんによって、掲示板に情報をお寄せいただいたことにより、わかりました。
サイトの中では、映画のあらすじ、出演者紹介、シーンのダイジェストの画像など、映画を楽しめるサイトになっております。携帯からも見ることができるようになってますので、携帯でご覧の方も、どうぞ。

カンフーシェフ 公式サイト
http://www.kungfuchefs.com/

カンフーシェフ公式携帯サイト
http://kungfuchefs.com/m/


アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!


2009年3月 1日 01:17 投稿者:KOJI(qtdreamjp)

最近のはまりごと(^^;

どもども、KOJI@スタッフです。最近、懐かしいアニメにはまってたりするんですけど、皆さん、どうですか?
σ^^;の最近のはまりは「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」なんす。(^^これは、大阪のテレビで朝の時間に再放送(といっても、テレビ局が違うから再放送じゃないいっすけどね。(^^;)をみることがあって、ま、描画は、少年向けアニメということもあって、それほどですけど、ストーリー性がしっかりとした良い作品なんすよね。
このアニメは、初回からしばらくは、他のアニメに良く見られる漫画なんですけど、架空の人物や歴史上の人物がキャラクターとして登場してくるアニメで歴史の影に隠れた見えないその当時の人間模様を表している漫画で、歴史が好きな人には歴史を元にしたエンターテイメントとしても楽しめると思いますよ。
あらすじは、幕末の動乱の時に『人斬り』として、明治維新のために暗殺を繰り返していた主人公。維新の動乱が終わり、平穏な日々を流浪人として刀を「逆刃刀」に持ち替え「二度と人を殺めることをしない」と決めた主人公が、ふとしたことから、ヒロインと出会い、また、再び起こらんとする動乱に「不殺」を貫きながら戦い続けるというストーリーです。このアニメに登場する歴史上の実在の人物も話のキーポイントのキャラとして出てきます。
この漫画から感じ取れる真髄は「野望を持つ者がいる限り、願うか否かに関係なく、平和を守るためには戦わなくてはならない」ということであり、「人の為に生きる使命を全うする」ことが自分の信念といかんともしがたい現実の狭間にいかに立ち向かうべきなのかということがテーマのように感じられました。
テレビ放映後のOVAシリーズは、主人公が頬に負った十字傷となぜ、「不殺」を決めたのか、また、幾多の戦いの後の主人公がいかになったのかが描かれています。全体的な内容としては重く主人公が背負う運命の大きさが理不尽ともいえるほど大きいなど、主人公を取り巻く環境があまりにも刹那すぎる点は、いろいろ考えさせられるところがありますね。
この主人公を取り巻く環境はいまの日本社会にオーバーラップしてしまうところもあるように思えます。テレビ版は少年向けということもあり、所々に少年向けのテイストがちりばめられてますが、ストーリーの本筋はOVAもテレビ版も変わりないと思います。
ただ、テレビ版は主人公があくまでも超人のヒーローであるかのように掛かれてますが、OVAは主人公を一人の人間として描き、主人公のそのものが主題になっています。ストーリーの完結の仕方は賛否両論に分かれるものと思いますが、2つのシリーズになっているOVAは一つの作品として理解して、外伝的存在と理解すると、理解しやすいかもしれないですね。一度、レンタルで借りるなどで、ご覧になるのもいいかもしれないですよ。(^^

「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」
http://www.sonymusic.co.jp/Movie/TV/Kenshin/

アメリカに旅行や留学する時には要チェック!
加護ちゃんのアメリカでの活動の模様も公開されています。
さぁ!会員登録しよう!