警察官の不祥事

大阪府警の警察官が和歌山で伊勢エビを釣り県漁業調整規則違反容疑

大阪府警の警察官が
違法に伊勢エビ漁獲か!?
 
大阪府警の警察官2人がが和歌山県の海で
伊勢エビを釣り県漁業調整規則違反容疑で
 
和歌山県警が捜査していることがわかりました。
 
 
 
警察官などの公務員の事件が後を絶たない。
最近、本当に多いです。
 
 
警察官や教職員など公務員職の場合は
一般の会社員とは違い、

不祥事の事件を起こしたときには、
一般の事件に比べて
メディアが取り上げる確率が
圧倒的に高いということもあります。
 
 
ネットのニュースをチェックしていると
毎日何らかの警察官や教職員やなどの
公務員職の不祥事の事件が報じられています。
 
 
またかというような感じで
慣れてはいけないのですが
ほんとに多いです。
 
 
情報番組で大きく取り上げられるような
世間をざわつかせる大きな事件から
小さな窃盗などの事件までたくさんある。
 
 
公務員という職業は
子供の教育をしなければいけない
立場にあったり(教職員)
 
一般住民を守ったりする職種(警察官)も多く
世間からのバッシングなどの
風当りは自然と強くなります。
 
 

スポンサーリンク

 
 

大阪府警の警察官2人が和歌山で
伊勢エビを釣り県漁業調整規則違反容疑

 
 

違法に伊勢エビ漁獲か!? 
大阪府警の警察官

 
和歌山県の海で許可なく伊勢エビを釣ったとして
和歌山県警が県漁業調整規則違反容疑などを視野に
大阪府警の警察官2人を捜査していることが1月29日に
捜査関係者への取材で分かった
 
 
大阪府警は県警の捜査結果を受けて処分を検討する  

捜査関係者によると
大阪府警の警察官2人はそれぞれ大阪府内の警察署に勤務
 
 
2019年12月に和歌山県の海で
許可なく伊勢エビを釣った疑いが持たれている
 
 
通報を受けた和歌山県警の警察官からの指摘を受け
2人はその場で釣っていた伊勢エビを海に戻したという
 
 
同規則や漁業法は、漁業権が設定されている場所で
伊勢エビを許可なく釣ることを禁じているほか
漁業権の範囲外でも漁獲できる期間などを定めている
 
 
 

スポンサーリンク

県漁業調整規則違反とは?
大阪府警の警察官2人が和歌山の海で
伊勢エビを釣り県漁業調整規則違反容疑

 
 
漁業調整規則とは
魚や貝などの水産資源の保護や漁業秩序を守ることを
目的とした規則
 
各都道府県で定めています。
 
 
漁業調整規則では
一定の漁法や漁具(漁に使う道具)の禁止や
漁業の許可制、禁漁期間、卵や稚魚
サイズが小さいものの採取の禁止などを定めています
 
 
「いせえび」の採捕が禁止されているのは
5月1日から9月15日までで、
和歌山県漁業調整規則に該当していないとおもったら
 
期間にかかわらず、15センチ以下
「いせえび」は捕ってはならないので
ここに引っかかった可能性があります。
 
 
和歌山の漁業調整規則はこちら

和歌山県漁業調整規則
 
 
 

スポンサーリンク

大阪府警の警察官2人が和歌山の海で
伊勢エビを釣り県漁業調整規則違反容疑
ネットでの意見・反響は?

 

「許可なく伊勢エビを釣ったとして、
和歌山県警が県漁業調整規則違反容疑などを
視野に大阪府警の警察官2人を捜査」

昨年の3月にも和歌山県御坊市の漁港周辺で
伊勢エビを密漁したとして、
田辺海上保安部が漁業法違反などの疑いで
大阪狭山市消防本部の男性消防士3人を
書類送検しています。

海上保安庁によれば、漁業関係法令違反による送致事件は、
年間2,500件前後に上っています。

イセエビ、ナマコ、シラスウナギ、サケ、
高価な価格で取引される、いわば
海の宝石がターゲットです。

ものは高価だし、密漁は見つかりたくないし、
でかなり無理をして密漁する例が多く、
メディアで報道される事件は
その中の氷山の一角。

そしてその傍らでひっそりと掲載される、
海で活動中になんらかのトラブルに
巻き込まれて溺れて死亡した人の記事を時々目にします。

海で溺れて命を落とす前に
発覚してよかったと思ったほうがいいです。

斎藤秀俊
出典:Yahoo!ニュース

 

78歳です。
子供の頃、兄弟を栄養失調で亡くした。
当時は海はみんなのもの。
貴重なたんぱく源のおかずの自然の飼育場所。

近年、漁期権を振りかざしすぎだと思う。

孫やひ孫とおかず程度の潮干狩りも出来ない状態。
当然、子供たちは海への知識や危険も知らず育つ。

当然、売りさばくほど取るのは違法だが、
趣味や今夜のおかず程度の海の幸の採取は
誰にでもあって良いと思う。

それを許せないなら、
外国船が大きな網で根こそぎ捕獲しているのは
徹底的に取り締まって欲しい。

出典:Yahoo!ニュース

 

和歌山ではないが、全身に絵が描いてある人が
ウェットスーツ着て生業として白昼堂々と
アワビやサザエを捕獲しているのを
何回も目撃したことがあるが、
漁業権が及ばないのか、放任されているのか。

出典:Yahoo!ニュース

 

1人1匹伊勢エビを獲っただけで
厳しいなあと思ったら、毎日新聞の報道によると、
この2人の大阪府警の警察官の他にも

>19年3月と10月、大阪狭山市消防本部の隊員計8人を
漁業法違反(漁業権侵害)などの疑いで書類送検している。

隣接する大阪府から定期的に
公務員が密漁しに来る場所なのか…
出典:Yahoo!ニュース

 

近所の海で漁業権設定されてる場所
把握してる一般人がどれだけいるやらw
本職の密猟はそんな効率悪い手段取らないだろ

出典:Yahoo!ニュース

 

漁業権がオカシイおかしくないと
言い出したのも卑しい中国人みたいな
小遣い稼ぎが増えたからじゃないか?知らんけど。

けして声を大にして言うことではないが、
BBQでその場で消費するくらいなら有りだと思うんだがなー。
世知辛い世の中だ!

出典:Yahoo!ニュース

 

線引きは難しいのかもだけど、
個人で楽しむレベルの量は許してもらえないかな。
純粋に海が好きだし。
出典:Yahoo!ニュース

 

20年くらい前までは、
水中眼鏡とシュノーケルの素潜りは、
レジャーの延長で黙認。

ウエットスーツやウエイト、足ひれやヤス、
ボンベの使用は水深の深いところまで乱獲するのでダメ。
の雰囲気だった。

急に漁業権主張の看板が立ち出して、
磯遊びが全くできなくなった。

浅瀬だったら伊勢海老など見かけることもない。
サザエの数粒くらいは勘弁してほしいと思う。

出典:Yahoo!ニュース

これって販売目的?
個人で楽しむため?

どっちにしてもダメなんだろうけど

個人で指定地域外れててもダメだよとか

しっかり看板なりあるならまだしも

ここまで曝して処分しなくとも

でも 隠蔽だと我が身に降りかからない為にも
公表したのでしょうが

世知辛い世の中になったものです

出典:Yahoo!ニュース

 
 
 










-警察官の不祥事
-, ,

Copyright© 時事情報ドット・コム , 2020 All Rights Reserved.