VOL.1【はじめに】稼げてない人は「●●●」がないという真実

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

VOL.1 【はじめに】稼げてない人は「●●●」がないという真実

#成功できるなら、早いほうがいい。

早くお金の制約から解放されて、少しでも長く、自由に満たされた人生を満喫したい。

誰だってそう思うと思います。

なぜなら、人生の時間とは有限なのだから。

そして、誰よりもそう思ってきた私は、

そう思うからこそ
「成功確率が一番高い方法だけに集中し、徹底的にコミットして結果を出す」
ということを徹底しました。

やるんだったら、中途半端なことはせず、全力を出して速攻で結果を出す。

アスリートのようなストイックな気持ちで取り組むほど、結果は出やすくなります。

#一点集中。それが壁をぶち破り、結果を出す。

ただ、私の場合、さほど特別なことは考えていませんでした。

「人よりも、誰よりも『早く』結果を出す」そのために私がしてきたこととは
「凡人の4倍速で努力すること」ただそれだけでした。

では、この「4倍速」を実現していく上で、その肝にあったのは何だったのでしょうか?

一度考えてみてください。

特に、才能や資格・人脈やスキルなど、
何か特別なものを持っていたわけではない私でしたが、
ただ一つだけ、持っていたもの。

それは

「集中力」でした。

集中力とは…「やる」と決断したことに対して集中することです。

さらに、より深い定義を述べさせていただくなら
それは「自分の意識を支配する力」であるといえます。

まあ、そのへんの定義論については、また別の機会譲るとして…

(集中力の性質については後々より詳細に解説いたします)

私が「稼げる側」に回れた理由をあげるとするなら
その最たる要因は「集中力」でした。

・日々の何気ない日常の中で、高い志と行動力を維持するにはどうすればいいか?
・限られた時間を、いかに効果的かつ生産的に過ごしていくか?
・やりたくないときでもモチベーションを高めるにはどうしたらいいのだろうか?

その問いに対する答えは、たった一つ。

「集中力」を正しく「使う」ことです。

集中力を正確に理解し、それを正しく活用すること。

それにより、作業・日常の生産性を高めて、大きく、マネタイズすること。

簡単なようにも聞こえますが…

#稼げる人と稼げない人を二分する死活問題

その要素は、ビジネスに於いては「死活問題」です。

成功する人は、例外なく、集中力に長けています。

結局の所、ノウハウ以前の問題。

失敗する人や挫折する人、作業が続かない人、根気が続かない人の9割以上は、
「集中力」が足りてないからです。

さらに正確に言えば、「集中力」を発揮するための正確な知識と、それを使う訓練が足りていないだけです。

集中力とは、生まれつきのものではありません。

正しい知識に基づいて、意識的に訓練すれば、誰でも高めていけるものです。

つまり、集中力こそ、人生のあらゆる局面で力を発揮する、最高の「スキル」です。

#何百人の人を指導してきて見つけた真実

結局の所、シンプルで再現性の高いノウハウを前にした時、そこで成否を分けるのは、この「集中力の差」なのです。

あなたは今までどんな人生を送ってきたでしょうか?

・ある時は、決めたことを貫徹できないがゆえに、思い通りの結果を出せず悔しい思いをしたかもしれません。

・ある時は、誰かの努力するペースに精神が追いつかず、劣等感を覚えたかもしれません。

・ある時は、自分の思いを途中で諦めで、自己嫌悪の念に苛まれたかもしれません。

かくいう私が、集中力の使い方を知るまでは、このような人生を送ってきました。

そのたびに自分を責め、劣等感に苦しみ、自信を失ってきました。

ですが、もしも、今までのあなたが「集中力」を持っていたら、
今頃あなたの人生はどんなふうに変わっていったでしょうか?

これからあなたにビジネス上での成功を得ていただくために
これから私が「集中力の高め方」を高める講義を行っていきます。

「具体的なマネタイズ(収益化)のノウハウ」に合わせて、
「成功者に必要な集中力の身につけ方」をステップバイステップで
実践的に伝授していいくということです。

大げさに考えることはありません。

このSSを、通勤時間や通学時間、お昼休み、時間が空いたときに読み返して、
自分の意識を振り返ることで、行動力を高めてください。

そして、高めた行動力をノウハウの実践に集中し、私の指導を受けながら結果を出していく。

あなたもこの栄光の道に続いてください。

具体的な講義は、明日から始めます。

このメールをもう一度読み返して、意識を高めておいてください。

それでは、また次回に。
 
 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© マインドアップ講座 , 2019 All Rights Reserved.