スキルアップ講座

VOL.11集中できる姿勢の脳科学&お役立ちアイテム集

VOL.11
前回は、集中力を高める「場所」について講義してきました。

前回は色々な集中力アップのテクニックの中から
デスクワークに特化した、実用的なものを厳選してお話しました。

かなり駆け足気味に解説しましたが…

まとめると、こんなところです。

・部屋を整頓する
・散らかってるなら、すぐ片付ける
・物を増やさない
・必要かつ、納得のいく「いい買い物」しかしない
・集中できるスペースを作る。あるいは、見つける。

他にも…

・水色のアイテムを作業スペースに入れる。(PCの壁紙など)
・植物を目につくところに置く
・デスクミラーを置く
・大きな箱に、とりあえず散らかっているものを詰め込む

こういうテクニックについてお話しました。

私は全部やっています。

もしできそうなものがあるなら、早速やってみて下さい。

それでは、今回の講義に入ります。

今回の講義は「姿勢」についてです。

#正しい姿勢で取り組むということ

私が高校生時代のある日。

学校から帰って自室に入った私は、サッカーの試合でへとへとに疲れていました。

しかし、気力を振り絞って、数学の宿題をしようと教科書を開きました。

そして、ペンを持ち、問題に取り組み始めました。

…布団に、横になりながら。

その結果、どうなったかは想像に難くないでしょう。

当然、横になっていては、凄まじい眠気が襲ってきます。

私は5分後にはあくびを連発し
10分後にはペンを置いて目を閉じ
15分後にはすやすやと眠ってしまっていました。

この反面教師の例からもわかるように、集中するには、ふさわしい「姿勢」を取るべきです。

もしも今、あなたが思うように作業に集中できない。

もしそんな悩みを抱えているのなら、その理由は
「作業姿勢」にあるのかもしれません。

たとえば、PC作業のときに、ローテーブルやこたつで作業していませんか?

あるいは、寝ながらやっている人は?

もし当てはまるようなら、今回の講義をきっかけに
ぜひ改善してください。

まずは、大原則として、
なぜ姿勢が集中力に影響するのか?
ということから詳しく解説していきましょう。

その理由は、脳の仕組みにあります。

#ブドウ糖と血流

「集中力」と呼ばれるものは
前頭葉が司っている「ウィルパワー」であることは
以前の講義でお話しました。

その前頭葉を動かしているものとは
「ブドウ糖」と「酸素」です。

そして、その「ブドウ糖」と「酸素」を
運ぶものこそが「血液」です。

健康な人の場合、およそ全体の15%ほどの血液は
「脳」にあります。

しかし、「脳」の大きさ自体は
全体の2%ほどに過ぎません。

2%の質量の器官が
全体の15%の血液=エネルギーを使っている、ということです。

この数値から見ても分かる通り
脳は、非常に沢山のエネルギーを消耗する器官です。

集中するには、この脳に
定量の血流を送り込む必要があります。

この、脳に向かう血流と
密接に関係しているのが
まさに「姿勢」というファクターなのです。

#脳に血液を循環させるためには

例えば、ジョギングや筋トレなどの運動に励む時
心臓の鼓動が早くなり
体中の筋肉に大量のエネルギーを送り込もうとします。

その結果、動悸が早まり、心拍・呼吸数が上がります。

このように、体がエネルギーを必要とする時
そこにエネルギーを送り込む働きが
私達の体にはあります。

これは、集中力を持続させたいときでも
同様です。

脳は、通常時よりも、多くのブドウ糖と血液を必要とします。

そこで重要になるのが「姿勢」です。

#集中力がなくなってくる順番

座り仕事は、どうしても、長時間になるにつれて
無意識のうちに姿勢が崩れてきます。

腰が曲がり、猫背になってくるにつれて
胸が圧迫されることで、自然と呼吸が浅くなります。

そして、血液の循環が落ちて、脳への酸素供給が
追いつかなくなってきます。

その結果、眠気に襲われるというわけです。

また、ボーッとして、集中できなくなってきます。

逆に、腰を伸ばし、胸を張り、猫背にならないような姿勢を取ることで
呼吸が深くなり、血液が循環しやすい環境になってきます。

このように、姿勢の改善とキープは大事です。

本当であれば、そのために
腹筋と背筋を鍛えることが
大事です。

ただ、即効性のある方法として
今回は「アイテム」を使って姿勢をキープする
方法を中心に解説していきます。

#姿勢キープのお役立ちアイテム集

今回紹介するのは、この4つ。

・姿勢矯正ベルト:(~~5000円)

・アーロンチェア:(150000円前後)

・スタンディングデスク:(6000円前後)

・UPLIGHT GO(姿勢矯正デバイス):(10000円強)

取り入れやすいものから始めてみましょう。

#姿勢矯正ベルト

とりあえず、一番安価かつ即効性があり、おすすめなのがこちらの
姿勢矯正ベルトです。

一般的に猫背矯正の為に使われるアイテムですね。

いわゆる作業用の椅子でない場合でも、この姿勢矯正ベルトを使えば、
長時間にわたっていい姿勢をキープすることができるのでおすすめです。

背筋が伸びると、やはり頭脳がクリアになるので、一度は試してみてほしいですね。

なお、私も一つ使っていますが
こればかりはお好みやサイズの問題もあるので
ご自身で調べて探すことをおすすめします。

5000円以内で十分に手が届くものが買えるでしょう。

#アーロンチェア

知る人は知っている、ワーキングチェアの最高峰です。

少なくともこれを買っておけば、十年以上は椅子選びに迷うことはありません。

私は、少々腰痛に悩んでいたものですが
2年前にこの椅子のオーナーになってから
腰痛の痛みはなくなりました。

(もちろん、個人の感想です笑)

ただ、値段が15万以上するものですので
安易にはおすすめできません。

私は、はじめてネットビジネスの結果が出てから
「絶対にこの世界で生きていく」と決める意思を込めて購入しました。

ただ、先の姿勢矯正ベルトを用意すれば
かなり快適に作業できますので
代用は可能です。

#スタンディングデスク

意外と使える、というのがスタンディングデスクです。

スタンディングデスクとは、簡単に言えば
「立って使用するデスク」です。

私は、先に出てきたアーロンチェアに合わせて使っています。

座り仕事の気分転換などのときに使います。

場所を取らないので、非常に便利ですね。

家庭の中でがっしりしたデスクが用意できない、という場合は
いっそ、普通のオフィスチェアとコレ一つとPCだけで勝負するのも
一つの選択肢でしょう。

あと、スツールという高めの椅子とも相性がいいですね。

※なお、このスタンディングデスクは、次回の講義でも登場します。

#UPRIGHT GO(姿勢矯正デバイス)

実は、このデバイスについては
私自身はまだ使ったことが無いのですが(申しわけありません)
アメリカでは非常に評判が立っている姿勢矯正デバイスです。

背中に粘着性のセンサーを付けることで
姿勢が崩れたときに振動で教えてくれるというものです。

値段は1万前後です。

猫背や背中の痛みが気になる方は使ってみるといいでしょう。

#正しいノウハウは、正しい姿勢から

今回は、集中力の維持に必要な「正しい姿勢」についての解説を行いました。

現代では、集中力と姿勢、生産性の関係についての研究が色々クローズアップされている分だけ
今回紹介した以外にも、様々な姿勢矯正のアイデアやアイテムが存在します。

ぜひ、自分の体とライフスタイルに合ったものを身に着けて
パフォーマンスを高めましょう。

それでは、また次回。
 
 

-スキルアップ講座

Copyright© マインドアップ講座 , 2019 All Rights Reserved.