スキルアップ講座

VOL.4「後回しの害悪」…「すぐ実行」が長期集中のコツ

VOL.4ということは、
今あなたのレベルは「4」ということです笑

この講義では、講義を重ねた「回数」があなたの「レベル」を表しています。
そう捉えながら受講すると、回数を重ねていくやりがいを感じられて、楽しくなってくると思います。

今回の講義でもレベルアップしていきましょう。

今回のテーマは、「後回しの害悪」です。

#後回しが人生を遅らせる

人間は、楽な方に流れてしまう生き物です。

特に意識付けや自己コントロールの訓練を積んでいない限り、ついつい安楽な生活に流れてしまいます。

そして、目の前にある課題やタスクから逃避してしまいます。

「後回しにする」

それは、私達の生活に常に潜む、大きな誘惑です。

ですが、この「後回し」という選択肢こそが
私達の「集中力」を減らし、「生産性」を低下させているということが
最新の研究では明らかにされています。

今回のテーマは、この「後回し」のもたらす様々な害悪についてお話していきます。

ただ、その前に…

「集中力」は、体のどこにあるのか?

このお話をしていきます。

#集中力と脳科学

たとえば「腕力」があるのはどこでしょうか?

…その答えは、肩・腕・手といった部位ですよね。

では「走力」があるのはどこでしょうか?

当然、太もも、ふくらはぎといった、「脚」の部分に走力があります。

ならば…

「集中力」はどこにあるのでしょうか?

(これは前回のおさらいでもありますが)

私達の集中力があるのは
額から2~3センチほど奥にある
「前頭葉」です。

人間は他の動物に比べて、非常に発達した前頭葉を持っている生き物です。

そして、前頭葉は、
「脳の最高機関」であるとも言われています。

---コラム----------------------------------

少しマニアックな話ですが
古代インドから伝わるヨガや東洋思想では
この「額(前頭葉)」には
「アージュニアー・チャクラ」という
霊的スポットが存在していると言われています。

そして、覚醒した人はこのチャクラを通じて
「すべてを支配することができる」
と言われていました。

これも、前頭葉の持つ性質…
支配と知性を司るということを象徴している
エピソードの一つです。

---コラム終わり------------------------------

この前頭葉が司るのは
「思考」「創造性」「意思決定」「判断」
といった知的活動です。

私達が「頭脳労働」とを呼ぶ作業は
多くがこの「前頭葉」を使う作業だということですね。

そして、重いものを何度も持ち上げると
腕が疲弊するように…

この頭脳労働をすればするほど
この「前頭葉」という部位は
どんどん「疲労」してパフォーマンスが下がります。

そして、この前頭葉に宿る
「思考や感情をコントロールする能力」
と呼ばれているのが
「ウィルパワー」です。

※will = 意志。
すなわち、「意志力」と解しても構いません。

#集中力は消耗品

体力に限界があるのと同じで
この「ウィルパワー」も無限というわけには行きません。

仕事・スポーツ・人間関係・娯楽…

そういったものの全てに対して
「ウィルパワー」は消耗されます。

さらに、ウィルパワーが減るのは

「なにかをしよう」
「なにかを作ろう」

と思うときだけではなく

「何かを我慢している時」や
「何かをしたい(欲しい)と望んでいる時」

にも消耗されます。

なので、
「仕事が不調でプライベートもうまく行かない」
といったり
「人間関係のトラブル続きで仕事に集中できない」
という現象の背景には

「ウィルパワーの枯渇」
があるということです。

なので、高い生産性を発揮するためには
このウィルパワーをどこにどう使うか?
というコントロールが大事だということです。

究極の結論を先に行ってしまえば
「生産性」=「ウィルパワーの結果」
と断言してしまっても構いません。

つまり、ウィルパワーをいかに
効率良く使い、生産性を高めていくのか?

ということがポイントである。

それをおわかり頂けたかと思います。

だからこそ、後回しの害悪についても
理解できると思います。

なぜなら…
「なにかをしなくちゃ」と思っている時。

やらないといけないことが目の前にあるのに
先延ばしにしている…そんなときですらも
ウィルパワーは消耗されているからです。

#「後回し」は集中力を大きく減らす要因の一つです。

なにか決定しないといけない細かい事や
終わらせないといけないことを
頭のなかで「保留状態」にしておくと
無意識に気にした状態が続いてしまいます。

これを「決定疲れ」と言います。

決定を放置し、後回しにした場合に
ウィルパワーが消費される現象を指します。

人は、行動すると体力を使います。
決定することで、意志力を消耗します。

#後回しの原因

物事を先延ばしにして、後回しにしてしまう
大きな理由は、決断するパワーが残っていないからです。

ウィルパワー不足で決断できず
決断できないがゆえに
「始めなきゃ」という思考が頭の中を
ぐるぐるとうずまき
さらにウィルパワーを失う…

そして、そんな状態が続くと、
自信までも喪失してしまいます。

あなたには、過去にこんな経験をした
つらい時期はありませんか?

私は、学生時代は、ずっとそういった
惨めな気持ちで毎日を過ごしていました。

ですが、そのマイナスのスパイラルを
どこかで断ち切らねばなりません。

なぜなら、後回しにすればするほど
ウィルパワーを失い続けた結果として
もっとめんどくさくなるからです。

#一流の「彼ら」の秘密とは?

それでは、逆に…
様々な事柄の中でも
集中力をキープして
エネルギッシュにパフォーマンスを保つような…
そんな、一流のビジネスマンやアスリートは
どうやってその生産性をキープしているのでしょうか?

その秘密こそが「習慣化」です。

(前回のおさらいですね)

#「習慣化(小脳処理化)」でウィルパワーの消費を抑える

前回のお話でも伝えたとおり
あるタスクを「習慣化」=小脳処理ができるようになった段階で
前頭葉が疲れなくなり、同じ作業を淡々とできるようになります。

たとえば、「ジムに行く」のを一度習慣化できれば
まるで「歯磨き」をする感覚でジムに行けるようになります。

ダイエットでも筋トレでもビジネスでも
この原理原則は同じです。

パフォーマンス・生産性の高い人々は
生産性の高いタスクを習慣化し
それによって、エネルギッシュな毎日を送っています。

そして、自動化する毎日の中で
さらに上のステージへ行くために
新しいことを始める創造性を発揮していき
さらに高い生産性を発揮するという
プラスのスパイラルに入っていくのです。

#「最短・最速でスタート」し「習慣化するまで継続」

今回の話を踏まえた上で
提案できること。

これは、
あなたの人生そのものを
「プラススパイラル」に乗せて
生産性・収入を高めていくための
「決断」です。

それは「最短最速でスタート」することです。

やらないといけないこと
先延ばしにしている家事
決めないといけないこと

そういった、日常に積み重なっているタスクを

「気づいたら、最短最速で始める」と決断することです。

#頭のおかしい習慣

実際私は、起業当時のある一時期
時間を見つけては
「すぐやる」「すぐやる」と念仏のように
延々と繰り返していました。

また通勤中や、何かの時間待ちも、
歩いてるときも、運転してるときも
「すぐやる」ということを
ひたすらつぶやいていました。

100円ショップで買えるカウンターを買ってきて
ずっと唱える度カウントしていました。
(はたから見ても、どう見ても狂人ですね)

別にそこまで真似をしろというわけではありません。

ただし、私がそこまでした理由のについては、しっかりと理解して下さい。

その「理由」とは、私は自分の「弱さ」を決して過小評価せず、侮らなかったからです。

#自分と戦い、自分に勝ち、自分をコントロールするという決意

私は自分が弱い人間であると自覚していましたし
だからこそ、抜かりなく自分と戦ってきました。

なぜなら「作業」を「習慣化」できるかどうかが
「成功」するために絶対必須なことだと
理性でも本能でも、理解していたからです。

「自分の弱さに負ける」=「成功できない」=「思い通りの人生を歩めない」
ということでした。

究極…
「油断すれば、自分の弱さに殺される」
「油断すれば、自分の弱さで人生が終わる」
と思っていました。

私は、そこまで張り詰めた気迫でビジネスに挑み、
だからこそ業界の中でもずば抜けた成果を出すことができたのだと
自己分析しています。

#人間の本質

人間というのは、本質的に、弱く、怠惰な生き物です。

だからこそ、その本質に徹底的に抵抗し
強靭な理性の力で「やる」と決めたことを貫徹する
「気迫」が必要なのです。

その「気迫」を「行動」にし「習慣」にできた時
人は新しいステージへとレベルアップします。

そして、習慣化できてしまえば
あとは「楽」です。

生産性を高めることに集中し
正しいノウハウに沿って、一つ一つの作業を実行し
繰り返し、継続します。

そのあとから、収入はついてくる、ということです。

#「最短最速で始める」

だからこそ。

あなたが今一歩を踏み出すことにためらいがあり
物事を継続できないのなら…

だからこそ、

「最短最速でスタートする」
そして
「習慣化するまで継続する」

この2つを身に付けて下さい。

シンプルな法則ですが
驚くほど、一日が充実し、日常がスピーディーになり、人生が変わりますよ。

「成功」を先延ばしにするのは、もうこれでやめましょう。

(なぜなら、あなたの心が「成功」を感じられない限り
ずっとずっと、乾いた砂漠をさまようような気持ちで
「成功」を追い求める羽目になるのですから)

そのためにも
「最短最速でスタートする」

これを、今日から、
いえ、この瞬間を境に、実践して下さい。

#まとめ

今回の話は、私の過去の狂った習慣を含めて
集中力の性質と、成功につながる二大原則をお話しました。

本来なら、ここで
反復による学習効果を高めるために
「まとめ」を入れるところですが…

あえてしません。

その代わりに、もう一度上に戻って、読み返して下さい(笑)

その反復によって
定着率が30%➠80%に向上します。

そして、「最短最速でスタートする」
という言葉を打って、この投稿にレスポンスして下さい。

また、今回の講義を聞いて
「すぐやらなきゃ」と思ったことを一つ
投稿して下さい。

(皿洗いとか、自転車のパンクを修理するとか、部屋の片付けするとか、そういうもので構いません)

そして、実行したあとは、実行できた自分を大いに褒めてくださいね。

人は、褒められることが大好きですし、褒められて伸びる生き物です。

生産的な行動をした自分を、大いに褒めましょう。

では、「最短最速でスタート」今からやりましょう。

今すぐ。

後回しは厳禁ですよ笑

「最短最速でスタート!」

それでは。

-スキルアップ講座

Copyright© マインドアップ講座 , 2019 All Rights Reserved.